医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

条件よりもキャリアプランを重視するのが医師が転職を成功させるコツなのです!

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリアプランをアドバイスする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20190727101111j:plain

 

医師の皆様は

本来エージェントなどに頼らなくても

新しい職場を探す事は充分にできますよね。

 

弱体化したとは言え

まだまだ大学医局の力は強力ですから

医局に頼れば職場は見つかるでしょうし、

今まで関わった上司、先輩医師、同僚や後輩のドクターに

お願いすれば良さそうな話しの1つや2つ

すぐに見つかる事でしょう。

 

しかし誰かを頼れば、

良くも悪くもしがらみができてしまいますし、

将来的に退職しにくくなるとか、

迷惑を掛けないように気遣わねばならない、

新たなチャレンジがしにくい、

条件の交渉に遠慮してしまう…など、

様々なマイナス面もそれなりに出てしまいます。

 

こういった背景があり、

視野を広げたいとか、

こだわりたいポイントがあるというケースには

エージェントを利用する価値が出てきました。

 

ところが残念ながら

その質は「低い」と言わざるを得ません。

 

できるのは「求人案内」だけ…

こんなエージェントがあまりにも多いです。

 

本物の転職支援の順序で考えると

求人紹介は転職支援全体のプロセスの一部であり、

本来は求人紹介の「前」や「後」の方が大事です。

 

ところが多くのエージェントが

それはやらない。

なぜか?

できないんです。

 

医療、医師の世界は実に深いですから…。

担当のコンサルタントが学ぼうとしても

1年や2年という短期間では全く無理なのです。

 

しかし多くのエージェントは

離職率が高く、内部の社員入れ替えが激しいのです。

 

しかも宣伝広告費に多額の費用を掛けている事もあり、

今すぐ売上が欲しいんです。

 

3年、5年も教育している余裕がありません。

だから誰でもできるシステムを組みます。

求人紹介「だけ」をする仕組みなのです。

 

でもこれでは単純作業しか社員はできません。

社員たちも面白くないんです。

だからほんの数年で辞めてしまう。

 

まさに負のスパイラルですね…。

 

私は求人主導の転職に関して徹底的に反対ですが、

転職において「求人」は不可欠です。

 

でも求人を選ぶ時に、

①「条件」面で選ぶのか?

②自分の「キャリアプラン」に合うかで選ぶのか?

 

この違いはあまりにも大きいです。

①の転職を続けている間は、

常に主導権を「求人」に握られます。

 

求人があるかどうか?が全てですからね。

自分が主導権を握る事はできません。

 

医師が転職を失敗するパターンの多くは

やはり①なのですね。

 

聞いていた条件と違うとか、

入職してしばらく経ったら条件が変わったとか、

聞いていた条件と実態が違ったとか、

経営状態の悪化で条件を変えられたとか、

人の入れ替えが激しくて条件が頻繁に変わるとか、

そもそも自分の望む条件の求人がないと…。

このようなケースが非常に多いのです。

 

そりゃ時々は運良く幸運に巡り合う事はありますよ。

でも運を天に任せるような偶然に頼る事になります。

 

ところがキャリアプランありきで求人を選ぶと、

何十件、何百件の中から選ぶ必要がなくなります。

そもそもプランに合わない求人は即却下される訳ですから。

 

またプランが明確であれば、

医療機関との面接、

その後の折衝も非常にスムーズです。

条件交渉もやりやすいですね。

 

だからトラブルになる事がほとんどないのです。

 

そもそもキャリアプランありきの場合は、

求人などなくとも、

医療機関側に必要性があれば、

ゼロから求人を作る事もできるんです。

 

もちろんちょっとしたコツは必要ですが、

プロの手に掛かれば可能性は低くはないんですよ。

 

逆に言うと

これができないエージェントなら

利用する価値がありません。

 

パートさんが電話して確認した医療機関の求人を

システムに入力して、

そのデータベースの中から

システムマッチングして案内された求人などに

価値がある訳ないんですよ。

 

すでに最新性を失って充足した求人とか、

そもそも募集がないのに取りあえず依頼しておいた求人に

どういう意味があるんでしょうか?

 

興味を持った求人があったので

問合せをしてみたら…

その求人は充足してけど

他にこんなものがありますよ…と

方向転換させようとするケースがありますが、

これなど紹介会社のズルい戦略とも言えます。

 

弊社はキャリアプランを中心とした転職支援をしています。

あくまでも主導権は自分が握る事をおススメします。

 

医療系紹介会社の中では稀有な会社ですから、

実際に今まで求人のない医療機関と話し合い、

ある先生の為だけに

ゼロから求人を作り上げる事に成功してきました。

 

求人が何万件あります!とか、

非公開求人あります!とか、

そういう求人主導しかできない

低レベルな紹介スタイルとは全く違うのです。

 

何万件の中から選ばされるとか、

嘘の非公開求人を打診されるとか、

そんな事よりも自分らしいキャリアプランを中心に、

自分だけのオリジナルなピッタリの求人を作り上げる方が…

そんな転職の方が望ましくありませんか?

 

私どもの転職支援は、

完全オーダーメードです。

 

先生の為にゼロから求人を作り上げます。

まあ必ずできる訳ではないんですが、

成功事例は年々増え続けているのです。

 

条件で求人を選ぶから、

条件で困るのですね…。

 

医療機関

最近は紹介会社をランク分けしています。

 

素人みたいな紹介会社に対しての対応など

上手くあしらってきていますね。

 

転職は人生の転機です。

 

条件中心の求人主導ではなく、

ご自身が本当に実現したいものは何か?

 

そこを徹底的に考えて

キャリアプランを組み立てて、

自分主導で医療機関を選んでいく、

こんなスタイルこそが

転職を成功に導いてくれるのです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー