医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

求職者情報をFAXで流すエージェントは許せない!

 

皆さん、こんにちは。 

医師を中長期的にキャリア支援する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私たちの社会は、

法的に問題がなければ

何をやってもいいというものでありませんよね。

 

ギリギリのラインとか、

グレーゾーンもあるのでしょうが、

ホワイトには敵わないと思うのです。

 

f:id:ka162701:20190712234444j:plain

 

エージェントの個人情報保護の意識

私どもエージェントは、

求職者の皆様の個人情報をお預かりする立場ですので、

厳格に管理する事が求められます。

 

紹介会社なら厳しいルールを定めるのが当然ですし、

大半の会社が問題ないレベルにあると思われます。

 

ただやはり完璧というのは簡単ではなく、

ごく稀に問題が起きたりはしているようです。

 

実際に私自身が見聞きしたところでも、

匿名プロフィールに本来消すべき情報が残っていて

応募者の素性がわかってしまったとか、

誤って違う所にプロフィールを送ってしまったなど、

こういった問題が現場では起きています。

 

会社として、

プライバシーマークを取得したり、

ISOなどを取得したりして、

管理を厳格化しようとはしていますが、

私にはそれで漏洩が防止できるとは思えません。

 

なぜなら売上を上げる為のプレッシャーを

経営陣が現場に掛ければ

営業現場ではギリギリのラインで動かざるを得ず、

それが漏洩に繋がってしまうからです。

 

かんぽ生命の事件でもそうですが、

経営陣はそこまで気を回さねばなりません。

 

下記のようなケースなどは

どうお考えになりますでしょうか?

 

無差別に求職者情報をFAXで撒く?

最近、弊社にもエージェントから

求職者情報がFAXで送られてきます。

 

医療機関の採用コンサルティングをしておりますので、

大して調べもせずに医療機関と思って

FAXしてくるのでしょうね。

 

医師のリスト、

こういう方が登録しているから

興味があれば連絡して…という営業です。

 

さすがに情報は薄く、

個人情報の漏洩には当てはまらない程度の情報です。

 

しかしFAXで不特定多数の方々に

いきなり送りつけるというのは

いかがなものでしょうか?

 

もしその人が本当に存在するなら、

仮に個人情報が漏洩していないとしても

問題ありではないでしょうか。

少なくとも良い気分にはならないでしょう。

 

逆に存在しない人を事例として

営業活動をしているのなら

それは虚偽ですから確実に問題ありです。

 

これが会社の方針であるならば

問題の根は深いと感じますし、

上司が指示をしているのなら

組織的に問題が内包されているように思えますし、

担当者が自主的にやっているのなら

コンプライアンス上でどうなのか?疑問です。

 

FAXで求職者情報を送りつけるなんて

情報漏洩がなくとも問題ある営業活動だと

私は思うのですがいかがでしょうか?

 

もし自分の情報が不特定多数の方に

FAXで送られているとしたら

嫌な思いを持ちませんか?

 

ちなみに弊社でも、

医療機関にこういう先生がいるのだが…と提案した際に

FAX送っておいてと言われる事があります。

 

こんな事務長を信頼する事はできません。

 

基本お断りします。

FAX(複合機)は様々な方が使います。

採用担当者以外の方が見る可能性もあります。

これではFAXできません。

 

匿名プロフィールだとしても、

FAXってのはあり得ないと思うんです。

ところがやってる紹介会社は多いんですよね…。

 

紹介会社に問合せをする際には、

個人情報を厳格に管理できる会社にしましょう。

 

それはプライバシーマーク

ISOを取得しているから万全ではありません。

 

担当者レベルの問題、

そして組織の伝統や文化、風土の問題でもあるんです。

完全に意識レベルの問題です。

 

ではそれをどうして見極めたら良いでしょうか?

 

個人情報を渡せるかエージェントか?

医療系に限定しても、

人材エージェントは600社以上あるんです。

 

情報管理に不安がある会社なら

他の会社に依頼した方が良いと思います。

 

医師に関して言えば、

匿名プロフィールを作るにも

コツがあるんです。

 

これを知っている担当者なら心配は要りません。

ですが経験値の浅い勉強不足の担当者なら

匿名のつもりが匿名になっていない…となりかねません。

 

大手企業ですと社員数が多く、

末端社員までマネジメントできていないケースもあります。

 

医師の登録数も多いので

雑に扱われてしまう可能性もあります。

 

立派な個人情報保護規定を作っているにも関わらず、

問題行動を起こしてしまう社員がいます。

 

会社を見極めるのは難しいでしょうが、

担当者を見極めるのは割と容易です。

 

知識、経験、ノウハウを持っている人か?

個人情報を渡すに値する信頼できる人なのか?

営業数字を厳しく求められてつい…なんて事がないか?

 

その辺りをチェックしつつ、

担当者から自発的に

個人情報の取扱いに関する説明があるか?を

チェックして下さい。

 

なければNGです。

あっても納得できなければNGです。

あって納得できた場合のみOKです。

 

なかなか難しい判断ではありますが、

少なくとも求職者情報を

FAXでばら撒くような会社は止めておいた方が

無難と思います。

 

ちなみに弊社に送りつけてくる会社は

医療業界ではかなり有名なんです。

 

老舗ですし、知名度もあり、規模を大きい。

それだけに許し難いですね。

 

どうせ社長は現場がこんな事をしているなんて

知らなかった…と逃げるでしょうけど。 

  

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー