医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

医療とビジネスのよい所取りでお互いに発展させたい!

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリア相談の専門家、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20190504060752j:plain

 

医療とビジネス。

 

ある意味では

相反するものと言えますが、

お互いに学び合う、吸収し合える、

協力し合える、相互補完できる、

そんな関係が築けると…

さらに良い方になるのではないかと

私は考えておりますがいかがなものでしょうか?

 

医療はビジネスじゃない?

先日、読んでいた本の一説に、

「医療は技術で勝ってビジネスで負けている」

と書かれていました。 

 

こんな事を言うと医療をビジネスにするな!

なんて声も上がるのではないかと思うのですが、

技術で勝ってビジネスで負けている…という着想が

私は実に興味深いなと感じたのです。

 

そりゃ私だって

国民皆保険制度という世界に誇る日本の医療制度を止めて、

アメリカのような民間の保険会社に任せて

ビジネスの俎上に乗せてしまうのはどうか?と思います。

 

そうではなく

日本の医療は世界的に見ても優秀な訳ですし、

大いに胸を張って良いものですよね。

 

医療現場をビジネス化するのではなくて、

医療制度をビジネス化するのではなくて、

世界に誇る日本の医療の中で

世界の国々がお金を出してでも欲しいと思うものが

存在するのではないか?と考えたいのです。

 

しかし日本の医療は、

医療人とビジネスパーソンの間に

大きな隔たりがあると思います。

 

共通言語がなかったり、

共有すべき目標がなかったり、

共感すべきビジョンがないのが原因でしょうか。

 

本来は医療業界でビジネスをしている人たちが

医療者と一般人の間の良き翻訳者になるべきでしょうが、

むしろ医療従事者にとっては

こういう人々に対して

不安、不満、不信を持っているように思えます。

 

だってビジネスの嫌な部分を見る事が多いですもんね…。

もっとビジネスの美学で勝負していればいいのに…。

 

医療にもビジネスの長所を組み込まないと…。

右肩上がりの経済成長を終えて、

税収減から我が国の財政状況は年々悪化し、

少子高齢化が進んだ事により社会保障費は増え続け、

このまま放置しておけない状況になっています。

 

医療費を下げるか、

医療で稼ぐか。

 

極論ですが、

そういう判断を迫られていますね。

 

私は医療現場の良さを

ビジネスの現場でも学ぶべきと考えています。

逆も然りで

ビジネスの良さも医療の現場で吸収できると思うのです。

 

ビジネスは収益を求めます。

その為には売上を上げるか?費用を下げるか?

いずれか、もしくは両方を行う訳ですね。

 

医療政策に左右される医療現場で

そのまま実行はできないでしょうが、

何らかの手はあるように思います。

 

そして実行する際のキーパーソンは、

ビジネスを知る医師であり、

医療をよく知るビジネスパーソンではないかと思うんです。

 

健全な医療のビジネスを模索する?

なぜか我が国の医療は

マイナス面ばかりを見られてしまう傾向にありますが、

日本の医療は世界の中でもトップクラスにあると思います。

 

そして日本の医師や看護師をはじめとした

医療従事者たちも

世界で戦えるハイレベルだとも思うのです。

 

とは言え医療従事者にビジネス化を求めるのは

なかなか難しいと思います。

 

有能な医療従事者ほど、

そのレベルに到達する為に脇目もふらずに

専門領域を学んできたからです。

 

もちろん何でもできちゃう天才的な方もいるでしょうが、

餅は餅屋…。

臨床に従事できる貴重な方々にビジネスをさせるなんて

あまりにももったいないと思うんですね。

 

医療の周辺でビジネスをしている人達が、

自分たちの利益や存続だけではなく、

国家国民の為に汗を掻けるかという点が

求められているように感じます。

 

先義後利の精神で、

まずは医療に貢献し、

国家国民のお役に立ち、

その上で適正利益を頂戴するような

健全なメンタリティが必要なのでしょう。

 

ビジネスをやりたい…。

そうおっしゃるドクターがいます。

実際に私どもでサポートしているケースもあります。

 

医療をビジネス化するのではなく、

ビジネス的な要素も医療に付加するような

そんな展開が作れたら社会に役に立てるのではないか?

 

自社の利益よりも大切なものがある事を

心の底から理解して徹頭徹尾、

社会貢献できるような企業が増えてくれる事を祈ります。

 

もちろん私どもも健全化を目指します。

だからこそ下記の団体を作りサイトを運営しているのです。

医療ビジネス健全化協議会

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー