医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

短期、中長期、超長期で考える医師のキャリアプラン!

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランの専門家、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20190511102931j:plain

 

キャリアプラン

キャリアパス

キャリアデザイン。

キャリアビジョン。

スラッシュキャリア。

 

いろいろな用語がありますが、

将来設計、人生設計、ライフプランというのは

誰にでも必要だと思いますし、

まして医師のようなプロフェッショナルな職業なら

その必要性は高いのではないかと考えています。

 

診療報酬改定や行政の方針変更など

自分達の手が届かない所で大きな変革があると

良くも悪くも翻弄されますしね。

 

準備と計画。

備えをしっかり打っておかねば

大波が来た時は当然ですが、

ちょっとした小波が来た時でも

望まない変化が訪れてしまう事もありますからね。

 

ではどのようにプランニングをすべきか?ですが、

シンプルに申し上げますと

短期、中長期、超長期。

3つの計画を立てておくのが良いでしょう。

 

まずは超長期を考えるのが良いですね。

これはもう夢物語でOK。

 

いつかこうなりたい。

いずれここまで到達したい。

こんな風になれたらいいな。

 

こういう世界でいいと思うのです。

実現が可能かどうかとか、

本当になれるのかどうかとか、

夢は夢のままで終わってしまうのではないかとか、

まあネガティブな要素を考えれば

いくらでもあるのでしょうが、

それでもいいから超長期の目標設定をすべきです。

 

そしてそれを実現する為の中長期の計画。

これは超長期と比較すればもう少し実現可能な目標ですね。

 

あくまでも超長期に到達するなら、

こういう事をしておくべきではないか?いう

発想で考えるのが宜しいでしょう。

 

そして中長期の目標を達成する為の短期的な計画。

ここはかなりリアルになってきますね。

 

日々の仕事とは全然関係ない…では困ります。

今目の前にある事をどう積み重ねればいいのか?

どのように工夫すればいいのか?

どんな経験を積み重ねるのか?

 具体的かつ実行可能な目標とすべきです。

 

こうして短期は中長期の為に、

中長期は超長期の為に、

長い人生の中で徐々に、徐々に、

1歩ずつ近付いていく…。

 

このようにプランを立てていくと

毎日が充実してきて

より良い人生になっていくと思われます。

 

大事なのは人の真似や、

人が作ったレールの上ではなく、

「自分なり」のプランを構築すべきという所ですね。

 

自分の人生は自分で切り開かなきゃ…です。

オリジナリティ溢れるキャリアプランというものです。

 

あまりにも偏りのある極端なプランとか、

人様に迷惑を掛けるようなプランとか、

そういうものでは困りますから、

自分を良く知る方々にも相談して、

必要であればその道のプロの力も借りて、

自分らしいプランを立てるのがいいですね。

 

言葉にすると簡単ですが、

いざやろうと思うとかなり難しいのが

このプランニングです。

 

でも意識していない人と、

意識している人では

月日が経つほどに差が出てきます。

 

将来の自分の為に、

短期、中長期、超長期のプランを立てましょう。

 

もうひとつ大事なのは、

1度立てたプランを後生大事にしてしまうのは

あまり宜しくないという事です。

 

人生山あり谷ありです。

いつ、何時、大きな変化が訪れるかもわかりません。

 

そんな時、

変えるべき時には

大胆に変えねばならないと思うのです。

 

もちろん変えるべき時ではない時は

変えてはいけないでしょう。

 

あくまでもプランニングな訳ですから、

自分の思い、考え、志向性が変われば、

また国策が、制度が、社会が変われば、

変えざるを得ないですよね。

 

こういった柔軟性も持たねばなりませんから、

キャリアに関しては、

時々ふと振り返るようにして

考えていくのが良いと思います。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー