医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

クリニック開業を見据えたキャリアプランの作り方!

 

おはようございます。

 

医師のキャリアを追求し続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。 

 

f:id:ka162701:20190316114534j:plain

クリニックを開業とは?

私はクリニックの開業の本質は、

医師が「経営者」になる事だと考えています。

 

もちろん他にも様々な要素はありますが、

ここを意識せねばクリニックの成長は覚束ないです。

 

ビジネスシーンでも「経営者」と

「労働者」の差はとても大きいです。

 

経営者だから優秀・有能とか、

経営者だから偉いとか、

そういう事ではありません。

役割や存在が全く異なるという事なのですね。 

 

ですから開業医になるという事は、

「経営者」になる!という断固たる決意が必要です。

 

経営者としての意識が薄いと

開院しても、多くの患者が来院してくれても、

思っていたのと違う…となりかねません。

 

もうひとつ言いますと、

会社の経営者でも、

創業社長とサラリーマン社長は

とてつもない違いがあります。

 

医療で言うなら

個人開業医と雇われ院長の差でしょうか?

 

同じ社長、同じ院長でも、

やっぱりこの両者の差は大きいです。

当然、開業医は創業社長ですね。

 

創業するのですから、

結果に対する全責任を背負わねばならず、

ゼロをイチにする強い意欲が必要です。

 

開業医の方が楽そうだから…など

安易な考えで開業準備を進めるのはおススメいたしません。

開業してから苦労します。 

 

さらにもうひとつ言いますと、

医師が経営者になる事をサポートする

開業コンサルタントがサラリーマンでいいはずがありません。

開業コンサルタントも経営者がベスト、

少なくとも経営陣(役員)である事、

もしくは経営者の指示で動くコンサルタントである事。

 

自明の理ですよね。

経営を知らない、した事がない人が

なんで経営者を、創業者を支援できるんだ?って事です。

 

よっていくら会社が大手だろうが、

知名度が高かろうが、

担当のコンサルタントがサラリーマンなら

その会社、担当者は避けた方が良いです。

 

経営に必要なのはフロンティア精神であり、

困難に立ち向かう勇気と知恵であり、

収益をシビアに判断し、

資金、人材、マーケティング

冷徹な決断を下していく事です。

 

サラリーマンコンサルタントなんて

使い物になりません。

 

経営者になる備えとは?

この度、大学を退局して

クリニックを開業します…。

これは止めた方がいいと思います。

 

ご実家の診療所を継ぐのであれば話しは別ですが、

新規開業はリスクが大きすぎます。

 

別に能力の問題ではありません。

おそらく能力には問題ないでしょう。

しいて言うなら視野の広さの問題です。

 

大学病院と民間病院でも

相当に大きな違いがありますし、

大学病院とクリニックであれば

さらに大きな差がある訳です。

 

経営者となる為に必要な能力は、

マーケティング

② マネジメント

ネゴシエーション

 

この3点と考えます。

 

大学病院のように

黙っていても患者が押し寄せる訳ではありませんし、

患者が来なければ借金を残して倒産してしまうのです。

マーケティングの知識は必須です。

 

またクリニックの運営は

院長1人だけではできません。

 

スタッフのマネジメントも必要、

資金のマネジメントも必要、

運営に必要な機器、薬剤、備品など

実に様々なマネジメントが必要ですよね。

 

そしてこうしたあらゆるものに

ネゴシエーションが必要です。

 

大学病院のような大組織の威光はありません。

個人事業主が大企業を相手にして、

海千山千のビジネスマンを相手にして、

権利意識の強いスタッフを相手にして、

有利な条件を勝ち取らねばならないのです。

 

こうした経験を身に付けておくのは

クリニック経営者として必須ですし、

他にも必要なスキルや経験は多いです。

 

なので大学病院を辞めて

いきなり開業をするというのは

ご自身がかなり苦労してしまう事になりがちです。

 

開業医となる前にしておいた方が良い経験

経営者としてだけではなく、

勤務医とは違う

開業医特有の経験も必要です。

 

Ⅰ プライマリ医としての幅広い経験

Ⅱ 組織のバックアップが少ない中での診療経験

Ⅲ 患者をお客様として扱う経験

 

このような経験が必要です。

 

患者は専門と異なる疾患でも

普通にクリニックに来院します。

 

専門ではないからと

開業医は診察しない訳にはいきませんし、

他科の先生にお願いする訳にもいきません。

総合診療の経験はある方がいいですね。

 

また開院時はスタッフも最小限です。

病院のように手厚いサポートはありませんし、

これお願いね~と依頼する先もありません。

 

同じ診察室でも、

すべき事は格段に増えます。

 

慣れの問題ではありますが、

早く自院の運用ルールを構築すべきですね。

 

また大学病院のように

黙っていても患者が来る事はありません。

 

患者が来院しなければ経営は成り立ちません。

どんな集患対策を取るかは重要です。

 

診察を親身に行ったり、

病院当時よりも丁寧な説明を心掛けたり、

時にはフレンドリーに冗談を言って笑わせたり、

家族の事まで覚えて思いやったり、

電子カルテよりも患者を見るようにしたりして

患者がまた来てくれるようにするのも必要です。

 

こういう事はしたくない先生は

開業は選択肢に入れない方が良いです。

 

特に最近の患者はクリニックを選びますし、

ドクターショッピングする人も少なくありません。

 

少なくとも病院とは違うのだという認識を

強く持つ必要があります。

 

クリニック開業に活きる職場とは?

開業に活きる経験を

身に付ける事のできる職場は

どんな所があるでしょうか?

 

クリニックの雇われ院長がいいのでは?と

お考えになる先生は多いと思います。

 

しかし私は雇われ院長はおススメしません。

  

オーナーによって全然違うんです。

そして必ずしも良いオーナーばかりではないんです。

 

私の知る限りでは

良い経験ができた!という先生よりも

止めておけば良かった…という

後悔の念を聞く事が多いです。

 

転職と開業の両方をご支援する私としては

開業の為に雇われ院長をして

経験値を高める必要はないと考えます。

あってもいいけど…くらいの話しです。

なくても全然構いません。

 

あった方が良い経験とは…

❶ クリニックでの勤務経験

❷ 開業予定地域での病院勤務経験

❸ 組織におけるリーダー及びマネジメント経験

 

この3点です。

 

やはりクリニックの運用を知るには

実際にクリニックで働いてみるのが1番です。

 

また1か所のクリニックを見るよりも

複数個所のクリニックの運用を見た方が良いです。

 

よって常勤で勤務するだけではなく、

非常勤やスポットも含めて

多くのクリニックを見ておくのは良いと思います。

 

また地域によって

医療ニーズは多少異なってきますし、

地域の医師会の在り方や

地域の開業医の特性、

地域連携の現状なども

知っておいた方が良いですよね。

 

よって開業予定地の病院で働く事は

かなりプラスに働くと思われます。

 

そして開業すると

院長はまぎれもなくリーダーです。

強いリーダーシップを発揮すべきシーンは多いです。

 

またマネージャー的要素も多いですから

マネジメントに対する知識や経験もあった方が良いですね。

 

こういった経験を身に付ける事ができる職場は

将来的な開業に必ずプラスになってきます。

 

ですが上記❶~❸を完璧に仕上げる必要はありません。

❶だけでも、❷だけでも構わないでしょう。

 

ご自身が理想とするクリニックのビジョンや、

ご自身の個性、志向性によって

自分らしいプラスとなる強みを得ておくのが良いですね。

 

他院と差別化ポイントのないクリニックでは

競合が多くなっている昨今、

なかなか有利にはなりませんし、

共存共栄ともなりにくいとも思います。

 

開業を目指した中長期的なプランニングを持ち、

クリニックのビジョンに好影響を与える

経験値を高めておくのが良いと思います。

 

どんな?という事例やノウハウは

転職も開業も相談できるエージェントにご相談下さい。

弊社みたいな…(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

   

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ