医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

医師の年収は上げるのではなく、上がるのがベストと考えます!

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20190202101612j:plain

 

医師の平均年収の実態を知る。

医師の平均年収における統計は

様々なものがありますが、

概ね1500万円前後と言われているようです。

 

日経メディカルオンラインでは

1477万円と発表されており、

その内の10%強がアルバイトでの収入との事でした。

 

40代のビジネスパーソン

年収が1000万円を超えている人は約1%と言われますので

医師の平均年収は一般的には高いと言えます。

 

しかし医師の世界だけで考えると

〇〇科の先生たちは年収が高くて羨ましいとか、

当直やオンコールの回数の割には給与が低いとか、

個別具体的な話しは百花繚乱ですね。

 

あくまでも総論的ではありますが、

この医師の平均年収1500万円、

これが給与に対する不満の壁とも言えます。

 

つまり1500万円以下だと不満を持ちやすく、

1500万円以上だとそれほど不満にはならないようです。

 

そりゃ自分は2000万円は超えないと…と

考える先生も少なくないでしょうが、

一般論としては成立するような気もします。

 

年収を上げる?それとも上がる?

ひと昔前を考えれば、

年功序列制度はかなりなくなりましたが、

それでもまだ一部では残っていますよね。

 

医師の世界でも

基本給の部分は医師免許取得年で決まるケースも

少なくなく、

実際に経験年数は質に転化するものでもあるので

全否定するものではないとも思います。

 

別にお金の為だけに仕事をしている訳ではないでしょうが、

仕事の対価としての報酬は

仕事に対する評価であり、

形として現れるので大事な要素のひとつでしょう。

 

報われたい。

頑張りを認めて欲しい。

誰にでもある普通の思いだと思うのです。

 

しかし医療機関といえども

経済原理から逃れる訳にはいきません。

 

年俸が上がる医師もいれば上がらない医師もいる。

 

この分岐点は何か?

評価基準はお勤めの医療機関によって様々ですが、

やはり「辞めて欲しくない」、

「辞められたら困る」という先生は

年俸は上がっていきます。

 

別に上げて欲しいと言わずとも

必然的に上がる訳です。

 

診療の技術や患者さんからの評価、

診療科の希少性などもありますが、

医療機関にとっての「必要性」という観点で

ご自身を振り返ってみると

見えてくるものがあると思います。

 

どんなに優秀でも

他に替えが効いてしまうと

年収はなかなか上がらないものです。

 

しかし今の病院ではあまり評価されないけど

他の病院では高い評価を受ける事ができる先生は多いです。

 

逆も然りで、

今の病院では高い評価を受けているので

他の病院ではさらに高い評価を受ける事ができると思いがちだけど

実は今の評価は高すぎるくらいで

他で同等の評価は難しい…

こんなケースもあります。

 

年収に現れる自分の価値って

実は絶対的なものではないんですよね。

 

だからこそ年収が上がる自分である事。

上げようとするのではなく必然的に上がる自分である事。

こういったプロセスにこそ価値があるように思います。 

 

年収を上げたい理由は何ですか?

お金って怖いものです。

いくらあっても困りません。

給料は高けりゃ高いほどいいですよね…。

 

でも1億円のオファーがあったら

それは信用できませんよね?

正直、はあ?どんな裏事情があるんだい?と

恐れを抱く方が多いと思います。

 

どの業界でも適正給与というのがあります。

医師の場合はそれが1500万円前後でしょうか?

上下300~500万くらいの差はありますが、

さすがに1000万、2000万もズレる事はないでしょう。

 

私自身が今までサポートした先生でも、

下限は1200万円くらいから、

上は1800万円~2000万円、

少し高めですと2500万円くらいまで、

レアケースとして2500~3000万円くらいまで

ほぼこの水準の範囲内です。

 

給料をどう考えるかって難しいです。

無頓着な方もいれば、

優先順位が他にある方もいるし、

そこそこ気にする人もいれば、

物凄く意識する方もいる…。

 

ただ実力以上の給与には何らかの裏事情がありますし、

後々非常に不利になるケースすらあります。

 

でも給与が上がって嫌な人は少数派でありますから

どうしても給与に翻弄されてしまうんですよね…。

 

問題は「自分」にとって

いくらが適正で、いくらなら満足でき、

それは<何の為なのか?>です。

 

この理由が明確であれば、

戦略的に年俸を上げる術をアドバイスできます。

 

しかし理由があやふやで

給料は高けりゃ高いほどいい…となると

高額年俸と引き換えに魂を売らねばならない案件に

引っ掛かったりするものなんです…。

 

今の年収より大事なのは生涯年収です!

今の給料、次の年収。

そりゃ気にしますし、大事です。

 

しかし年収に関しては

私は生涯年収を考えるべきと思ってます。

 

以前に大幅な年収ダウンを

飲まざるを得ない先生からご相談を頂きました。

 

別にこの先生の能力の問題ではないんです。

ただ前の職場の年収があまりにも高くて、

その職場以外であればどこでも下がってしまうのです。

 

こういう事態に直面するのは

ちょっと悩ましいですね…。

 

終身雇用制を前提にして、

年功序列で右肩上がりに給与が上がる時代ではないものの、

やはり大きく上下するのは生活設計としても

厳しく、難しいものがあります。

 

医師の生涯年収は

だいたい4億円前後と言われているようです。

 

この4億円に確実に届く事、

あまり乱高下せず安定する事、

これを前提としたキャリアプランを考えると

公私ともに良い年収の推移となると思います。

 

心身に負担が掛かるほど

無理して働いて年収を上げるのではなく、

無茶な交渉をして年収アップを勝ち取るのでもなく、

自ずと上がる自分になる。

 

一足飛びに考えるのではなく、

着実な歩みが必要ですね。

 

それでは、また…。

  

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ