医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

それぞれの成功の形から考える医師のキャリアプラン

 

皆さん、おはようございます。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20190119104205j:plain

 

あなたにとっての成功とは何ですか?

 

この問いにどう答えますか?

すぐさま自分らしい考えを述べる事ができる人は

そう多くないのではないかと思います。

 

そうですね~と言いつつ、

こんなかなあ~、あんなかなあ~と

いくつかの夢や希望を述べる事はできても、

ズバリ私にとっての成功は〇〇です!と

断言する事はなかなか難しいのではないでしょうか。

 

しかし考えておく事は必要だと思います。

そしてライフプランであったり、

キャリアプランの行きつく先のひとつは

やはり「自分にとっての成功」ではないかと思うのです。

  

自らの望む成功の形があやふやでは、

海図なき航海と一緒で

どこに進むべきかわからないですもんね。

 

自分が望む成功の形を明確化してこその

プランニングが宜しいかと思います。

 

この成功の尺度を何で測るのか?

 

収入、出世、社会的な名誉、やりがい、

自由な時間の確保、論文本数、手術件数、

患者からの感謝、プライベートの充実、

人それぞれいろいろありますよね。

 

自分自身が何を尺度とするのかは

個々が考えて、方向性を定めればいいと思うのですが、

気を付けなければならないのは、

他人の尺度で測ってしまう事です。

 

自分の尺度で測り、

これが自分の成功の形だ!と決めて行動するなら、

それは正解です。

 

そして途中で間違ったと思ったり、

思っていたのと違うなと感じた時には

軌道修正すれば良いだけです。

 

しかし他人の尺度で測ってしまうと

成功しても満足感って少ないですし、

プロセス段階でも混乱が大きいと思われます。

 

まして途中で誤りに気付いても

軌道修正も効かないケースもあり得ます。

敷かれた線路の上を走っているだけだったり…。

 

何より成功に向けての努力が継続できないと思うんですね。

自分でこうなりたいと思ったものと、

他人がこうなりたいと思っているものでは、

これはもう天と地ほどの差があると思われます。

 

ところが…、

意外と私たちは気付かぬうちに

それこそ知らず知らずの内に、

いつの間にか…、

人の尺度で物事を考えてしまったりするんです…。

 

やっぱり楽なんですよね、その方が。

しかし楽して本当に大切なものは手に入りません。

 

学位や専門医を取得したり、維持するために、

今まで懸命に頑張ってきたけど

自分にとっては必要なかったかも…と語る

開業医の先生がいらっしゃいました。

 

決してマイナスになるものではありませんが、

この開業医の先生のキャリアプランであれば

必要性は高くなかったのかもしれません。

 

他の分野の勉強、

経営学とか、会計学とか、マーケティング

マネージメントを勉強しておけば良かったとおっしゃいます。

 

家族の為に収入アップを望んで転職をしてきたけど、

奥様に収入よりも子供との時間を作って欲しいと言われて、

愕然とした…という勤務医の先生もいらっしゃいます。

 

もちろん今までの頑張りがムダな訳ではありませんが、

もっと自分らしい道を早く見つけていれば

遠回りをせずに済んだかもしれません。

 

自分にとっての成功とは何か?

それは本当に自分の尺度なのか?

人に影響されていないか?

 

時々、振り返ってみるといいかもしれませんね…。

もちろん王道というのはありますから、

あるところまでは他者と被って良いと思います。

 

しかしその先はオリジナリティが必要です。

 

自分は何のために働くのか?

自分の存在価値って何なのか?

成功して何を手に入れたいのか?

成功=幸せになるのか?

人や社会にとっても貢献できるのか?

 

こういう事ってスゴク大事ですが、 

1人で考えていても埒が明かない時もあります。

 

是非ご家族とも話し合ってみて下さい。

 

同僚や先輩、後輩の先生の成功の形も

「参考」にしてみて下さい。

 

必要があれば

私どものような第三者のプロの意見も

仕入れて参考になさって下さい。

 

その上でご自分の尺度で成功を考えましょう。

 

それがライフプラン、キャリアプラン

健全化させてくれるのです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ