医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

クリニックの開業支援業者選びは知名度よりもサービス内容を重視しましょう!

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

  

f:id:ka162701:20181201104617j:plain

 

弊社のクリニック開業支援は

同業他社と比較すると

相当に手厚いものと自負しています。

 

よって年間に請け負える件数は

誠に申し訳ありませんが、

絞らざるを得ないんです…。

 

むしろ雑な仕事で多くの開業をご支援するよりも

少なくとも良い仕事をする事を目指していますので

当面はこの方針を貫く所存です。 

 

弊社の開業支援は量ではなく質なのです!

私はクリニックの開業支援とは、

ただ開院させる事よりも

開院した後にどれだけ順調に進むかが

絶対的に重要だと考えています。

 

こんなシンプルな考えを持てていない業者も多いのが

残念で仕方ないですが、開院させ屋さんは非常に多いです。

 

開院後を見据えると

開業準備のプロセスにおいては、

 

① 余分な資金を使わない。

⇒ 運転資金をできるだけ手厚く持つ。

  豪華な内装、使用頻度の低い医療機器など買わない。

 

② 各業者と信頼関係を作っておく。

⇒ 開院後の追加の依頼にも気持ち良く応えて貰える体制。

 

③ コンセプトや事業計画をブレずに貫く。

⇒ 他院との差別化ポイントや、

  自院のストロングポイントを明確にしながら

  集患マーケティングを行う。

 

この3点が非常に大事になってきます。

 

そこで開業コンサルタントとして

これから開業する医師にとって

本当の意味で有用な存在となる為には…

 

弊社の開業支援のスタンスは?

<医師>vs<業者>という構図を壊して、

<医師+コンサル>vs<業者>という構図を作ること。

 

これが絶対的に必要と我々は考えています。

 

弊社は各業者さんとの打合せの際には

必ず医師の隣に座り、

通訳のような機能を果たしたり、

正々堂々とオープンなネゴシエーションをしたり、

記録員としてメモを取ったり、

聞きにくい事を聞く役割をしたり、

白熱したディスカッションの中に笑いを導入したり、など

関係者間の意思疎通を円滑にしてまいります。

 

しかしお抱え業者を紹介して

丸投げするだけの開業コンサルタントは、

多くの場合、打合せは医師任せであり、

同席しても業者の横に座り、

業者と結託して医師に余計なものを買わせようとします。

 

医師の転職に関しても同様なのですが、

私どもの行動指針は

医師に寄り添い、並走する!ですので

それを開業支援の現場でも実行しているだけです。

 

つまりその企業の事業理念の問題でもあり、

存在価値が問われるという事だと考えています。

 

ご相談はお早めに!

クリニックの開業支援に関しては

まだまだ語りたい事がたくさんありますし、

弊社を使わなくてもいいから

私の話しを聞いてから開業準備に取り掛かって欲しいくらいです(笑)。

 

実際にすでに何社もの開業支援企業の話しを聞いて

ある程度依頼する先を決めていた先生が

私の話しを聞いて

その場で弊社に依頼すると変心した事も1度や2度ではありません。

 

それくらいに考えている事、

やっている事のレベルが段違いに異なります。

同業他社とは圧倒的に違うのです。

 

とは言いつつも、

所詮、中小企業の弊社ですから

できる事には限りがあるのです。

 

地域的に開業支援は

一都三県しか請け負えません。

現在実験的に大阪で1件だけお手伝いをしていますが、

原則は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のみとなります。

 

また年間にご支援できる件数も限定せざるを得ません。

それだけ手間暇、時間をたっぷり掛けますので。

正直5件が限度です。

 

という事で誠に申し訳ありませんが、

すでに何件かご依頼を頂いている事もあり

この先も先生方のタイミングも見計らいながらですが、

提供するサービスの質が下がるのなら

お断りをしなきゃいけない時も出てくそうです。

 

もちろんご相談は何件でもお受けいたしますし、

クリニックの開業は

思い立ってすぐに動くようなものでもありませんから、

 

事前相談に力を入れて

タイミングは話し合いながら

コンセプトや事業計画も含めて

じっくりスタンスで決めていきたく思います。

 

開業させ屋さんは、

相談の段階をすっ飛ばして

開業物件の案内をしたり、

無料である事を前面に打ち出して

すぐにでも開業準備をさせようとします。

 

しかしこれでは立ち戻る原点と言いますか、

プリンシブルのない安易な開業になりかねません。

 

本来は開業コンサルタント

この点からしっかり関わらねばならないと考えますが、

そんな事より早く開業物件を決めましょう、

さあ銀行融資を受けたら内装工事です、

医療機器はどれを買いますか?と進めるのが

開業させ屋さん。

 

でもこういう人たちは

開業させたらお終いです。

開院後にどうなろうが知ったこっちゃないのです。

 

こういう開業支援会社とタッグを組むと

ロクな事がありません。

 

弊社の2倍近くの費用が掛かったというのも見ました。

開業コンサルフィーは無料ですけどね。

ただより高いものはないですね~。

 

また開院日に間に合わなかったケースも見ました。

医療機器のディーラーが開業支援をしたようですが、

彼らは機械を売りたいが為の開業支援です。

まあ機械さえ買ってくれれば開院日に間に合わないなんて

大した問題ではないのでしょう。

 

最近では開業支援のド素人会社が

セミナーで多くの開業希望医師を集めているそうです。

この会社とタッグを組んでいる物件会社や税理士は

業界でも悪名高き人たち…。

 

ド素人ですから

そんな事知らずにやってるのでしょうが、

すでに被害者が出始めているそうです。

何もできない、何も知らない、

すべて業者にお任せらしいです。

 

どうか悪徳な会社に騙されず、

良い開業支援会社を見極めて頂きたいと思います。

  

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

   

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

医師の常勤・非常勤求人・医院開業物件 情報サイト

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ