医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

思っていたより大変なクリニックの開業準備!

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20181110092252j:plain

 

クリニックの開業は

一国一城の主になる事ですし、

経営者として全ての責任を負う事でもあり、

基本的には一生に1度きりの事ですよね。

 

だからこそ綿密なプランニングと、

慎重な決断が必要不可欠であると考えます。

 

【 開業準備前

以前からクリニックの開業が念頭にあり

時が来たと第1歩を踏み出そうとする時には、

開業に関する書籍を読んでみたり、

開業セミナーに参加してみたり、

開業医として成功した先輩医師の話しを聞いてみたり、

いろんな情報収集をされる事と思います。

 

しかしそういった情報を集めてみても、

よし、これだ!と確信を持てる訳でもなく、

これでいいのかなあ?こんなもんかなあ?と

期待と裏腹な不安の中で

開業準備を進めていくのではないでしょうか。

 

先輩開業医に話しを聞いても、

開業コンサルタントの話しを聞いても、

医薬品卸企業や、医療機器ディーラー、

税理士などに話しを聞いても

言う事はみな違っていたりして、

どれが正しいのか、どれを信じて良いものやら…。

 

開業準備の前って

こんなジレンマに陥る事が多いんですね。

 

クリニックを開業するとは経営者になる事です。

 

そして経営の形とはひとつやふたつではありませんし、

成功の道筋もいくつもあるんです。

だから皆さんの言う事が違っても致し方ないのですね。

 

情報収集をして、

選択肢を手に入れたら

あとはその中から決断するしかないのです。 

自分を信じ抜く事が必要になります。

 

この自分の拠り所となるのが

コンセプトや事業計画です。

 

ですから柔軟性を持ちつつも

必要があれば微調整、修正する事があっても、

芯の部分は変えずに自分を貫き通す為に

当初はプランニング作りに注力すべきと考えます。

 

【 開業準備中 】

開業準備を進めていくと、

必ずと言っていいほど出てくる悩みがあります。

 

・本当にこの業者を信頼していいのか?

・開院まで無事にこぎつけるだろうか?

・開院した後に患者は来院してくれるのだろうか?

 

こういった悩みは健全です。

 

逆にない方が問題ですし、

真剣みの不足、

課題発見能力を持った方が良いくらいですね。

 

この悩みを解決する為には、

右腕になるべく存在がいるかどうかに掛かっています。

 

銀行から多額の融資を受けて、

それはそのままリスクになる訳ですし、

ほとんどの方が初めて経営者になるのですから

不安になるのはごく自然です。

 

私が考えますに、

この不安の要因は

<開業準備の構図>にあると思ってます。

 

内装工事にしても、

医療機器の選定にしても、

集患マーケティングにしても、

開業準備を進める中では

多くの業者との打合せが行われます。

 

しかしこの打合せは、 

 【 医師 vs 業者 】という構図になっていて、

初めて開業する医師と、

何度も開業シーンで仕事をしてきた業者では、

経験値に圧倒的な差がある訳です。

 

そりゃ開業を目指す医師だって

自分は言いくるめられているのではないか?

この料金は高いのか?安いのか?適正なのか?

業者の言う事を信用していいのか?

やっぱり不安になると思うんですよ。

 

ですから本来あるべき構図は、

【 <医師+開業コンサルタント> vs 業者 】

この構図こそがベストではないかと私は考えています。

 

医師の開業に関する経験値の不足を

開業コンサルタントが補い、

最終的なジャッジは医師がするとしても

適正な判断ができるように

疑問を解決する体制を整えていく存在を

常に横に置くという事です。 

 

この構図から享受できるメリットは

とてつもなく大きいのですが、

難しいのは開業コンサルタントの「質」です。

 

最近では全く未経験の業者が

開業支援を始めました!と言って

業界の中で評判の悪い業者たちとタッグを組んで

開業希望医師に猛アピールをしていますが、

内情は実にお寒い状況です。

 

この会社のセミナーに参加した医師が

信頼できないとして続々と弊社にご相談に来ています。

 

中には詐欺的な開業コンサルタントもいますし、

そこまでひどくなくとも

善意ではあるけど経験も能力も不足している人も

少なくないのが実情です。

 

そして無料で開業支援を引き受ける会社もあり、

これらは本業の商品やサービスを売る為の

副次的なサービスとしての開業支援です。

 

聞く限りではおざなりなサポートであり、

知名度のある立派な企業のやるレベルではありません。

 

やはりご自身の目で数名の開業コンサルタントを見て、

知識、経験、ノウハウ、事例、能力の高い人を

お選びになるしかありませんね。

 

不安を打ち消す為には

不安を共有して一緒に並走してくれる、

そして時には一緒に業者と戦ってくれる

こんな右腕となるパートナーを得る事が肝要です。

 

【 開院直前 】

内装工事も完了し、

保健所への手続きも済ませて

医療機器や什器も納品され、

スタッフの採用もほぼ決まり、

あとは開院を待つばかりという1か月前…。

 

大きな期待と不安が入り交じっているものの、

今まで準備に費やしてきた期間や手間を考えると

ちょっと感慨深かったりもする時期です。

 

しかし開院というのは

あくまでもスタートでありゴールではありません。

勝負はここからなんですよね。

 

良きスタートを切れるように、

スタッフとともに

診療の流れを何度もシミュレーションして下さい。

 

集患マーケティングは打てる手があるなら

すべて行うくらいのつもりで進めましょう。

 

何度でも言いますが、

開業とは経営者になる事です。

 

経営者は事業の全ての責任を負います。

ただでさえリスクを抱えてまで

取り組み始めた事なのですから

できる事は何でもやるべきです。

 

患者が来ないのは経営者の責任です。

失敗すれば多額の借金とともに生きねばなりません。

 

開業って本当に大変なんです。

だからこそ右腕となるパートナーの存在が必要です。

 

本業が別にある偽物パートナーでは

いざという時に役に立ちませんよ。

 

良き開業コンサルタントは、

先生以上に開業に対して真剣です。

だから時には厳しい物言いをしたりもしますが、

成功の為に必死なんです。

 

いつもニコニコ、

何を言ってもそれいいですね~、

こんなおべっか使いにできるものではありません。

 

自分の分身になってくれるような

真剣な開業コンサルタントと一緒に

想像以上に大変な開業準備を進めましょう。

 

そう言えば最近親会社が

上場企業だから大丈夫と思って選んだ

開業支援会社から弊社に依頼を変えた先生がいました。

 

きれいな洋服は来てるけど、

中身は……というパターンのようです。

連絡は遅い、何もしれくれない、そのくせ高いと

悪い意味での3拍子が揃っていたそうです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

  

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師の常勤・非常勤求人・医院開業物件 情報サイト

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ