医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

次の職場の年収、将来の年収、上げるべきはどちらでしょうか?

 

おはようございます。

医師のキャリアプランの専門家、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20181103094442j:plain

 

お金は大事です。

誰にとっても大事ですし、

軽視してはいけないものだと思います。

 

しかしお金だけじゃないのも確かであり、

そこは優先順位とバランスも大切ですね。

 

当ブログの兄貴分的なサイトでも

今まで医師の年収について

何度か情報発信をしてきました。

(下記参考に)

ジーネット株式会社コンサルタント ブログ | 事例・ノウハウ満載サイト

 

低レベルな紹介会社は

当直なしでも年収300万円アップ!とか

もう医療崩壊に手を貸しているとしか思えない

非常に稚拙な宣伝広告を

ただ医師を確保したいが為に行っていますが、

私どもはもっと広い視野と深い考察で

医師の年収について考えてまいります。

 

まあそうは言っても

誰もが年収は高い方が良いですよね~。

私自身もその1人です(笑)。

 

私はビジネスパーソンですから

結果、成果、実績、貢献、売上を上げれば

年収アップのチャンスを得る事はできます。

 

しかし悪事に手を染めてまで売上を上げるとか、

魂を売ってまで、お客さんを泣かせてまで

自分の為だけに…

私利私欲の為だけに…

そこまでして年収を上げようとは思いません。

 

これは不健全だと思いますし、

社会崩壊の第1歩かと思うのです。

 

でも世の中には本人にその意識がなく、

知らぬ間に悪事に手を貸しているケースもあります。

 

実はこのパターンが最も多く、

危惧すべき事態ではないかと考えます。

 

本来的には年収とは、

どれだけ人様のお役に立ったか?

その貢献が他の人にはなかなかできず、

希少価値があるからこその高年収だと思うのです。

 

経済原理的に考えれば

ニーズに応えられる人が圧倒的に少ないとか、

社会的な価値がとても高いとか、

こういうケースで高年収となり、

医師の年収が高いのはこれが理由と考えます。

 

金儲けが上手いのと、

誰もが認める高年収には

大きな差があると思うんですね。

 

まあ理想と現実。 

この社会は理想的にはなってないですけどね…。

 

高年収とはいくらか?

この問いには人それぞれ答えがあり、

かなりばらつきがあるのではないでしょうか?

 

医師の場合は高年収と一般的には言えますが、

その業務量やプレッシャーの強さ、

過重労働や稼げる期間を総合的に考えると

決して高いとは言えないかもしれません。

 

医師の魂を売ってしまえば

さらに簡単に高年収になりますが、

それを良しとする医師はかなり少ない事でしょう。

 

ところがそんな医師の価値を利用して、

楽して稼がせようとする輩がこの世には多いです。

詭弁を弄して悪の道に引きずり込むような輩には

本当に気を付けて欲しいものです。

 

医師免許を持っていて、

な~んにもせずに、

院長にだけ就任してくれれば、

年収が2500万とか、3000万とか、

名義を貸してくれれば何百万とか、

こんな仕事に社会的な価値はありませんし

多くの場合、多大なるリスクも同時に抱える事になります。

 

ひとつ間違えれば

医師として大きな傷を負う事にもなりますし、

最悪の場合は保険医登録や

医師免許自体にも悪影響を与える事になりかねません。

 

医師としての人生は長いです。

 

私は目先の年収も大事ですが、

トータルの生涯年収を考えるべきと思ってます。

 

10年後、20年後にも

稼ぎ続ける事ができる自分になっておく。

その為の次の仕事、その次の仕事…。

 

黙って座って高年収。

名義を貸して小遣い稼ぎ。

この次の職場では年収はどうなるでしょうか?

一生安泰と言えるでしょうか?

抱えたリスクは回避できるでしょうか?

 

2年や3年だけ我慢して、

修行して、勉強して、経験して、

その後の年収が大幅にアップするなら

そんなキャリアの方が私は好ましいと思うのです。

 

これは断言しますけど、

すでに相当の高額な年収を貰っている医師は別ですが、

ごく普通の多くの医師は年収アップが可能です。

100万円や200万円のアップはそう難しくありません。

 

ただ500万円、1000万円、倍にしようとすると

ほぼ間違いなくそこにはリスクがあります。

 

人生の2大失敗要因は焦りと慢心と言います。

 

焦って年収アップをするのではなく、

とんでもない年収を手に入れて慢心するのではなく、

生涯年収という中長期的プランを念頭に、

引退する時にいくら手にしたのか?を目標にして

正しい年収の上げ方を

模索するのが良いのではないでしょうか?

 

キャリアに応じた年収は

おそらく何年経っても付いてきます。

 

一時の年収アップは

そう何年も続きません。

 

中長期的にキャリアを積み上げて

中長期的に高水準の年収を得る。

そんなプランニングをしていく。

これが最善と考えています。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

  

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師の常勤・非常勤求人・医院開業物件 情報サイト

医師の失敗事例集<転職、開業等>

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ