医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

新たな職場に入職して1年後…のドクターの呟き…。

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリア支援に関して

中長期的なサポートを行う

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180626124455j:plain

 

少し前の事なのですが、

転職のお手伝いをした先生から

「小野さんのところは転職が決まったら

それでお付き合いは終わりですか?」と聞かれました。

 

この先生は紹介会社を利用するのが3度目。

弊社とは初めてのお付き合いとなります。

 

前の2回は新しい医療機関に入職した段階で

担当者からの連絡は一切なかったそうです。

 

実はこのような話しは

何人もの先生から伺っています。

  

宣伝広告ではきれいごとを並べ立てていますが、

現場ではこんなもんなんですよね~。

名の知れてる大手さん、

これじゃダメでしょう…。

 

聞いたところによると

担当者が辞めてしまっていたり、

(このケースが非常に多いそうです)

 

自分のやっている事に自信がなくて

顔を出せるような状況ではなかったりするそうです。

 

ま、他社さんの事はどうでも良くて(笑)、

転職して1年後というのは

実は大事なタイミングだと私は考えております。

 

この1年後の頃をどう過ごすかによって、

3年後、5年後、10年後が決まると言っても

過言ではありません。

 

別にずっと同じ職場にいなければならないという事ではなく、

キャリアプランニング上で重要だと感じるのです。

 

よく転職シーンにおいても、

「石の上にも3年」なんて言われますが、

医師や看護師の場合は該当しないように思います。

 

同じ医療機関に3年いるかどうかよりも、

自らの望む方向性、ビジョンに則って進んでいるかどうか。

まさにキャリア志向が必要だと思うのです。

 

そう考えるとちょうど1年後辺りは

結構重要なタイミングではないでしょうか。

 

新たな環境、新たなルール、新たな業務、

新たな人間関係、新たなシステムなどに慣れてきて

心も身体も自然と動けるようになるには

やはり1年くらいは掛かってしまうでしょう。

 

もちろん中には順応性が高く器用な方もいるでしょうが、

通常、1年も経てば違和感はなくなると思われます。

 

本当の勝負はここからです。

スタート地点というのは1年後くらいが相応しいでしょう。

 

ここで再出発するような心機一転の気持ちが持てると

さらなる成長に繋がりますよね。

 

しかし慣れが惰性になってしまったり、

また新しい隣の芝生が気になったり、

モチベーションの維持に苦労してしまうようでは

健全な方向には進まないと思います。

 

1年後…、リスタートです。

 

気持ちを新たにして、

自分のキャリアアップの為にも

さらなる向上心を持って取り組んでいきたい所です。

 

それが自らの価値を高める事にもなりますし、

いい意味での区切りとして

モチベーションを刷新していけるといいですよね。

 

私、ふと思ったりするのですが、 

「暦」って凄くないですか?

 

1日が24時間。

1週間が7日間。

1カ月が31日(ほぼ)。

1年が365日。

 

何だかそれぞれに意味があって、

このサイクルに自分を上手く適応させていくと

物事が上手く進むような気がするんです。

 

1年が365日。

そろそろ新たな階段を上るか…とか、

次のフェーズに進むか…みたいな…。

 

キャリアプランも1年毎に区切って

チャレンジできると良いのかもしれませんね~。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

  

<弊社の各種公式サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師の為の情報収集プラットフォームIBIKENサイト

医師師の常勤・非常勤求人案件・医院開業・継承物件サイト

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ