医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

キャリアプラン的には衝動的な退職はできるだけ避けた方が無難です…。

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリア支援の中でも

常勤先探しとクリニック開業を得意とする

 

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180619141835j:plain

 

もう無理…。

こんな職場は辞めよう…。

 

こんなことを思った事がない方は少ないでしょうが、

だからと言ってそのまま辞めてしまうのは

どうでしょうか?

 

計画なきキャリアチェンジ…。

通常は次の職場を決めてから

今の職場に退職の申し出をするのが

一般的な転職の順序ではないかと思います。

 

まあ必ずそうしなければならない訳ではありませんから

まず辞めてから考える…というケースもありますね。

 

その人の性格や考え方、

その職場の文化や伝統などによりますので、

一概に良い悪いは言えないと思います。

 

今までハードに働いてきてので

少し休養を取るなんてのは悪い事ではありません。

  

ところが稀に後先考えずに

衝動的にバーンと辞めてしまって

慌てて次の職場を探し始める方もいらっしゃいます。

 

どうしようもない事情があったのかもしれません。

しかしご本人も冷静になれば

これで良かったのか?と悩ましく思う事もあるでしょう。

 

そうは言っても

辞めてしまったものはしょうがありません。

とにかく早急に次を探さねばならないでしょう。

 

こうなるとキャリアプランなんて言ってられません。

それこそ最低限の条件さえクリアできれば…と

慌てて、急いで探す事になるでしょう。

 

ところがやはり…こういう探し方ですと

案の定の展開で思っていたのと違う…となり

早期の退職に繋がったりしますね。

 

キャリアプランなき転職の欠点です。

 

運を天に任せてしまう…。

時には上手くいく事もあるのでしょうが、

求人主導の転職って

このような展開になる可能性が高いんです。

 

だから私は求人紹介しかできない

コンサルタントを全面否定するのです。

 

早く決めなきゃ…という焦り…

今すぐ辞めてやる…という気持ちはわかるんです。

私も今まで何度もそういう思いをしてきましたから。

 

しかしわざわざ自分にリスクを背負わせる必要はありませんよね。

衝動的に辞めてしまって、

慌てて次の職場を探す…という事は極力避けた方が良いです。

 

理由があって

もうどうしようもなくなって

そうせざるを得ない時はあり得ます。

それは当人しかわからない事でもあります。

 

しかし…

だからこそ…

やっぱりキャリアプランなんです。

 

別にキャリアプランというのは

転職をする人だけが考えるものではありません。

 

結果的にずっと同じ職場で働くような人でも

将来のプランは考えておいた方が良いです。

それはリスクマネジメントでもあります。

 

衝動的に辞める事になっても

その前にキャリアプランについて考え抜き、

ある程度のプランニングを持って入れば慌てる事なく、

キャリアプラン通りの職場を粛々と探せばいいだけなんです。

 

転職を考え始めたから

キャリアプランを考え始めるのではなく、

時々、フェーズフェーズで、

自分なりのプランニングは考えておいた方がいいんです。

 

焦って探してしまうと…、

・求人主導、条件だけで選んでしまう。

・視野が狭くなり選択肢が少ない。

・妥協せざるを得ず消去法で選ばざるを得ない。

 

このような欠点があるんですね。 

これでは失敗を繰り返す事になりかねません。

 

人間の心のどこかには

破滅願望があったりするものですが、

職業人生で破滅するのは止めましょう。

 

求人選びは最後でいいんです!

私はSNSや様々なブログにおいて

すでに8年前からキャリアプラン主導で転職する事を

推奨してきており、

実際にお会いした先生方にも必ずお話ししています。

 

ほとんどの方が納得し賛成してくれますので、

他の紹介会社ではあまり見掛けない独自のスタイルで

転職のお手伝いをしております。

 

全くやり方は異なり、プロセスは違っても、

最後は選んだ求人に応募をする事は変わりません。

 

このプロセスにはオープンにできない秘術があるのですが、

求人はキャリアプランを定めた後に見るといいです。

 

最初から求人を見ると騙されるんです。

条件や待遇に翻弄されてしまうんです。

 

だいたいが求人なんてものは

求人を出した医療機関の都合で書かれていますし、

求人を案内した紹介会社に都合良く仕立てられています。

 

最近ではその象徴が非公開求人なのですが、

私に言わせれば全てウソ、偽りの世界です。

 

医療機関が非公開を求めるケースは少なく、

紹介会社が無理やり求人に価値を持たせる為に

勝手に非公開にしているだけです。

(ごくごく少数だけ非公開はありますけど…)

 

売り手市場の医師の転職マーケットにおいて

誰でも一緒の求人なんて価値がありません。

 

うちにもそんな求人はゴマンとありますし、

売り手なんですから素人だって集められます。

求人自体には価値はないんです。

 

価値があるのは、

オリジナルな求人です。

あなただけの…です。

 

誰でも一緒の求人ですと

何件も何件も数多く見ないといけませんが、

オリジナルな求人なら

1件、2件で充分です。

だってそもそもピッタリの求人だけを

先生の為だけに探してきた訳ですから。

 

繰り返しになりますが、

衝動的に辞めてしまうと

求人主導で動かざるを得なくなるんです。

この手法では成功確率が低いのです。

 

どうか正しい転職の仕方、

つまりキャリアプラン主導のノウハウを身に付けて下さい。

これは一生の宝になりますから。

 

詳しく知りたい方は

下記からお気軽にお問合せ下さい。

 

それでは、また…。

  

 

 

医師キャリア相談

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット(株)コーポレートサイト

医師が情報収集する為のIBIKENサイト

医師の求人/開業・継承物件サイト  ルナーヴァ

医師の転職・開業 <失敗事例>まとめサイト

   

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ