医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

最適なキャリアプランは労働環境の変化を知った上で見つけましょう!

 

皆さん、こんにちは。

今後の労働環境の変化を見据えて、

医師の最適な働き方をアドバイスしている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180611114042j:plain

 

私たちは「自分」を大切にします。

もうこればかりはどうしようもないです。

 

最近はやたらと自己責任が強く叫ばれましたが、

個人自由度を与えるとともに

社会的なセーフティネットに期待するなという

権力者からのアナウンスのようにも感じます。

 

結果的に誰もが余裕を失ってしまい、

人の事を思いやるよりも、

いかにして人を出し抜くか、

何とか人よりも得をする事ばかり考えていて、

自分、自分…と自分中心主義に陥っているように思います。

 

そもそも仕事というのは

誰かの為に行うものであり、

自分中心主義では上手く行かないはずです。

仮に一時上手く行っても長続きはしません。

 

大きな組織であれば

他のメンバーが自分を薄めてくれるでしょうが、

自分中心主義と組織の中での自己実現

根本的に矛盾があり、

自己と他者の狭間で悩む、

まるで迷い道にはまり込んでしまったような人が

少なからずいらっしゃるように思います。

 

働くとは何か?

 

仕事は何の為にするのか?

 

時にはこのような大原則に立ち返り、

じっくりと考え抜く事も必要なのかもしれませんね。

 

さらにもうひとつ思うのは、

私がここ数年提唱している

キャリアプラン

キャリアパス

キャリアビジョン、

キャリアデザインを構築しましょうという件ですが、

これは自分自身の働くスタンスや

仕事論こそがベースにないといけません。

 

その意味では… 

まず自分自身と繰り返し対話をする事。

 

同時に転職マーケットの分析や

労働環境の変化についても抑えておき、

自分のプランを実現できるかを

冷静かつ客観的に考えて

ズレがあれば都度微調整する事も必要ですね。

 

今回はこの労働環境の変化について考えます。

って前置きが長いですが…(笑)。

 

戦後の日本は、

右肩上がりの経済成長を背景に

年功序列、終身雇用、企業別組合といった

日本的経営の特徴が上手く回り、

国家全体が成長していました。

 

その上、人口も爆発的に増えて、

供給力に見合った需要が創出された事も

成長を後押しする事になりましたね。

 

また官僚統制、官民協調、業界団体内調整、

株式持ち合い、メインバンク制など

いわゆる護送船団方式

下支えした部分も大きかったのでしょうし、

原料や製品の輸出入が円滑に行われた事も

国家の発展に寄与したのでしょう。

 

これらを背景に社会保障も充実、

私たち国民は安定した生活、

そして老後の保証も確約されるようになり、

不安のない生活を手に入れました。

 

ところが世界経済の悪化により、

年功序列や終身雇用制は崩壊、

それどころか非正規雇用が飛躍的に増えてしまいました。

 

労働組合は力を失い、

護送船団方式はビッグバンの中で雲散霧消…。

 

経済成長が鈍化し始めると社会は余裕を失い、

リスクを個人に押し付けるようになり、

自己責任という耳障りの良い用語とともに

私たちの生活はあっという間に不安定なものになりました。

 

その結果として、

私たちは自らの人生を

自らで設計せざるを得なくなり、

否が応でも主体的な個として存在する事を厳しく要求され、

ほんの少しの選択の自由と引き換えに、

リスクを自ら負うようになったのですね。

 

こんな世知辛い世の中ですから

地域社会や伝統的な家族関係も解体され、

自らの存在価値を確かめる場は

共同体には存在しなくなり、

個々のアイデンティティを見失うようにもなっています。

 

しかも資本主義社会の宿命として、

グローバリズムという掛け声とともに

成長を求める勢いは止まらず、

市場は世界中に拡大し続けて

ヒト、モノ、カネ、情報が縦横無尽に往来し、

IT社会の訪れがそれに拍車を掛けています。

 

私たちは24時間365日、

仕事に振り回されるようになりましたね。

 

産業構造が製造業からサービス業に転換しましたから

顧客の要求が高度化され、

サービス提供者は高品質かつ即時性が求められるようになり、

10数年前と比較しても

仕事のプレッシャーは重く圧し掛かり

働く環境が悪化したと言わざるを得ませんね…。

 

その反動として、

過重労働や過労死の問題がクローズアップされ、

働き方改革なんてスローガンが叫ばれるようになりましたが、

果たしてどのような変化が待ち受けているのか…。

 

こういう時代の流れの中で、

私たちはキャリアプラン

どう描いていけばいいのでしょうか?

 

この問いに対する答えは、

誰にでも通用する絶対的正解はないと思います。

 

価値観が多様化された昨今、

誰もが同じ事を求めているのではなく、

多種多様な答えが存在する事でしょう。

 

私はキャリアプランを考える際に

今後大事になってくる事として、

 

1、自分の内側と何度も対話をする。

2、その上で自分を社会、他者にアジャストする。

3、しかも中長期的なプランに仕立て上げる。

 

この3点のノウハウを持つと良いと思います。

 

そして変えられるものと、変えられないものを理解して、

変えられるものを確実に変える事、

変えられないものを変える事のできる自分になる為に自らが変わる事、

この辺りをどう見るかの判断力も必要ですね。

 

よく言われる事ですが、

変えられるものは自分であり、

未来であり、思考であり、行動です。

 

変えられないものは、

他人であり、過去であり、

感情であり、生理的反応です。

 

自分は何を変えたいのか?

ここがキャリアプランを考える

スタートラインと言えますね。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<医師の人生設計にプラスになる情報サイトです!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

ジーネット公式twitterアカウント

ジーネット公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ