医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

病院の事務長から見るエージェント!

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリアを

転職・開業シーンを中心にサポートする 

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180425165804j:plain

 

こないだ総合病院の事務長さんと

じっくりお話しをする機会がありました。

 

この病院も医師、看護師の採用には

かなり頭を悩ませており、 

我々のような人材紹介会社と

何社かお付き合いをしているようなのですが、

その話しが非常に面白かったです…。

 

まず、

「小野さんのような方を目の前にして言うのは

ちょっと申し訳なくてアレなんだけどさ~

コンサルタントの質、会社の質は

ホント差が激しいよね~」

なんて話しからスタート…(苦笑)。

 

似たような話しは私自身もブログで何度か書いておりますので、

心から同意をしたのですが、

続けておっしゃったのが、何と…、

「紹介会社や担当のコンサルタントによっては

ブラックリストではないけれど、

出入り禁止にしている所もあるんだよ」との事。

 

どんな紹介会社、

担当者が出禁になるんですか?と尋ねましたら、

「2つあってね、ひとつは医師とつるんで

紹介、退職、紹介を繰り返している所」なのだそうです。

 

これは悪質な会社です。

私も時々耳にしますが、

こんな会社とつるんでいると

その医師自身もロクな目に合いませんよ~。

 

その医師自身は自覚がない場合もあるようですが、

転職回数があまりにも増えてしまう事は

売り手市場の医師採用現場においてもマイナスです。

 

転職を頻繁に促す会社には気を付けて欲しいですし、

こんな事をする人材紹介会社は

ハッキリ言って紹介業の風上にも置けませんので、

是非マーケットから退場して欲しいものです。

 

おそらく金銭で釣っているのでしょうが、

これは医療業界に限らず、

どの業界でも横行している悪質会社は存在しますので、

引っ掛からないように気を付けて下さい。

 

さて、もうひとつは

「約束を守らないコンサルタント」との事でした。

 

これはもう一般常識でしょうと思うのですが、

発言内容が頻繁に変わったり、

できない事を安請け合いしたり、

病院の採用活動の障害となる担当者とは

付き合わないようにしているとの事でした。

 

そりゃそうですよね。

ごく当たり前の事と思います。

 

この事務長は紹介会社の内部もよくご存知で、

「担当者も医師に翻弄されちゃってるのかもしれないけど、

こちらは高いフィーを支払って採用するのだから、

しっかりして欲しいよね」とおっしゃってました。

 

酷い時には、

○月○日から常勤医として勤務しますという約束が

反故にされた事もあったようです。

これはさすがに病院も困りますね~。

 

担当者からは当日の朝にメールが1通届いただけで

その後、電話にも出てこなかったそうです。

こりゃひどい…。

誰もが知ってる大手紹介会社のコンサルタントなんですけどね…。

 

この事務長は、

「紹介会社の担当者って若くて世間を知らないし、

医療も詳しくないし、勉強不足だし、

正直この人がドクターと対等の目線で話しができるのか?と

疑問に思うような人が多いんだよ」とおっしゃっいます。

 

これは私も同感です。

若さというのは武器だと思いますし、

大きなポテンシャルを秘めていると思いますが、

確かにコンサルタントという仕事は

若さがマイナスになるケースは多いですね。

 

人生の転機を迎えている方を相手にする訳で、

やはり豊富な人生経験や

様々なビジネス経験があった方が

良い仕事に結びつくでしょう。

 

相手は人生を賭けて真剣に考えているのに、

自分自身が転職経験がなかったり、

前職を半年で辞めてしまったような人が

適切なアドバイスなんてできませんよね。

 

だから求人案内しかしない、できない…。

 

特に医師の場合は、

医学部6年、国試に受かり、研修を終えて、

その後、数年経ってから転職を考え始める訳ですから、

その時点で20代後半から30代前半な訳です。

 

そこに大学を卒業したばかりの22~23歳の新卒社員や

最初の会社を早期退職した24~25歳の社員が担当しても、

小間使いにすらなりません。

 

実際に私も自分がご支援した先生から、

「何にも自分で判断できなくて、

イチイチ上司に伺いを立てている姿を見て幻滅した」

という話しを聞いた事があります。

 

若くても気の利く優秀な人間はいるのでしょうが、

 

転職シーンでは転居が伴ったり、

家族の事情があったり、

変わり続ける医療の現場の事情があったりと、

想定しなければならない事が数多いです。 

 

ビジネス上の経験だけでなく、

豊富な人生経験も必要なんですよね、本来は…。

  

我々エージェントは

自問自答しなければならないのだと思います。

 

最後にこの事務長は、

「ビジネスでは資金力や知名度の高い所が勝つんだろうけど、

医師の紹介会社においては疑問だね。

サービスのレベルが格段に違うもの…。」との事。

 

その上で叱咤激励を受けて帰社しました(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

 

医師転職相談 クリニック開業相談

  

 

<医師の人生設計にプラスになる情報サイトです!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師が情報収集する際のIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントブログ

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ