医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

マイナー科目の転職、開業について

 

皆さん、こんにちは。

 

医師の転職・開業を

すべての診療科目でサポートする

 

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180426144606j:plain

 

医療の世界では

内科、外科がメジャーとされていますね。

 

実際に内科や外科は専門が細かく分類されていて、

呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、内分泌内科、

神経内科心療内科、血液内科、腎臓内科、

一般外科、整形外科、心臓血管外科、乳腺外科、

脳神経外科、形成外科などのように分かれています。

 

やはり内科や外科にお世話になる患者さんは多い訳で、

それだけ医師の数も多いですよね。

 

一方でマイナーと呼ばれる科目もありますが、

そういった科目も絶対に必要な訳ですし、

メジャー、マイナーという言い方はどうなんだろう?

決して価値が劣る事はないと私は思っています。

 

時々マイナーと言われる科目の先生から…

「内科や外科に比べると求人は少ないですよね~」

「メジャーな科目と比較すると条件は悪いと思うんですが…」

「探しにくいと思うんですけど、お手伝いしてくれますか?」

な~んて言われる事がありますが、

いえいえ求人は大いにありますし、

条件だって決して悪くないし、

マイナー科目だから探しにくいなんて事は全くありません。

 

またクリニックの開業で考えると

内科のように競合が多くはないので、

むしろ経営的には有利なケースすらあるんです。

 

先生が卑下する必要なんて全くないんですね…。

 

そりゃ医師同士の中では

歴史上での優劣や医局内での発言力などに

違いはあるのかもしれませんが、

目が痛い人は眼科に行きますし、

湿疹ができれば皮膚科に行きますし、

耳が痛ければ耳鼻咽喉科に行く訳です。

 

我々患者側の立場に立てばそこにメジャーだ、

マイナーだなんて事は全く関係ありません。

 

そして求人をご紹介する私の立場としても

全く有利不利はありません。

 

これはもう純粋に

役割の違いなのではないでしょうか?

 

私は子供の頃から野球をずっと続けてきたのですが、

結果的には全ポジションを経験しました。

投手には投手の、捕手には捕手の、

内野には内野の、外野には外野のそれぞれの役割があり、

投手だからすごいとか、

ライトだからダメなんて事は全くありません。

 

昔ライパチ君という漫画があり(笑)、

ライトで8番という事が

何だかバカにされたりする時代がありましたが、

イチローがライトというポジションの価値を

大いに高めてくれました。

 

やはりそれぞれの役割にプライドを持って、

真摯に向き合って仕事をしていくのが大事なのでしょうね。

 

まあそうは言っても大学病院、総合病院などでは

圧倒的に内科、外科の先生が多い訳で、

それだけ発言権を持っていたり、

予算面などで優遇されたりというのはあると思います。

 

でも卑下する必要はありません。

 

そもそも医師というそれ自体が

超の付く程の専門職な訳で、

なりたくてなれるものでもありません。

 

医療のプロフェッショナルである事には

間違いがないのです。

 

いろいろ事情はあるのでしょうが、

転職にしても、開業にしても、

可能性は相当に高いと実感しています。

どうか自信を持って歩んで頂きたいなと思います。

 

それでは、また…。

 

 

医師転職相談 クリニック開業相談

  

 <医師の人生設計にプラスになる情報サイトです!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師が情報収集する際のIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントブログ

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ