医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

医師のキャリアにおけるやりたい事、向いている事。

 

皆さん、こんにちは。

医師の転職、開業をトータルサポートする

医師のキャリアの専門家、

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180405131411j:plain

 

今ある求人から致し方なく選ぶのではなく、

医師もキャリアプランを構築して

望む未来をできるだけ具体的にしましょうと

長年提唱している私ですから、

医師のキャリアに関しては

いつもすごく考えさせられるのです…。

 

今までいろんな方とキャリアに関して

ディスカッションをしてきて、

自分がやりたい事が、

1番自分に向いているとは限らない…

なんて場面と遭遇する事も少なくありませんでした。

 

しんみりしてしまいますが、

そういうものですよね…。

 

やりたい事をやる。

向いている事をやる。

いずれが正解なのでしょうか?

 

私はいずれも正解のように思いますし、

自分自身で決断して、

正解にしていかねばならないとも考えます。

 

また同一人物でも、

ある時はやりたい事をやるというタイミングがあるでしょうし、

ある時は向いている事をやるという時があっても良いでしょう。

 

若い時は割とやりたい事をやるという気持ちが強そうですが、

やりたい事をやればやるほどに、

自分に向いている事は何か?も

把握できるようになると思うんです。

 

このようにやりたい事をやって、

向いている事をやって、

失敗したり、挫折したり、

やりたいと思っていた事が実はそうでなかった…とか

様々な経験を積み重ねる事が

今後のキャリアにプラスになります。

 

だからやりたい事をどんどんやっていいと思ってます。

 

しかしある程度のキャリアを積んで、

それなりの年齢まで行ったら

やりたい!だけではいけません。

 

自分のやりたい事をする事よりも、

他人のやりたい事を後押ししたり、

どうやって社会に貢献するか?という事が

問われてくるものですよね。

 

それが大人ってもんでしょうか?

それともベテランの嗜みでしょうか?

 

少年の心を永遠に持つなどは

素敵な事ではありますが、

仕事上では強過ぎてはいけないですよね。

 

感謝の気持ちが大事だ…なんて当たり前ですが、

結局はやりたい事をやってこれた事、

そういった諸先輩や社会に感謝し、

今度はやりたい事をやらせてあげる立場に

入れ替わるという事なのかもしれません。

 

私自身もそういう年代に差し掛かっている事を

しみじみと感じる事もあります…。

今の仕事は大好きですし

自分に向いているとも思うので、

それはラッキーなんですけど、

過去いろいろやりたい事をやってきたからこそ

辿り着けたのかなと思ってます。

 

転職でも、開業でも、

やりたい事をやる!という方々、

自分に向いている事をやりたい!という方々を

サポートしていく事を心地良くも感じています。

 

でも時々…

やりたい事ができない。

自分は何が向いているのかわからない。

 

そういう方と出会う事もあります…。

 

個別な事情は相当に異なるでしょうから、

一般論では語りにくいですが、

突破口はあると思います。

 

私自身そういった方々にも、

突破口を開くようなアドバイスもしていきたいですし、

事例やノウハウを提供し、

良き選択肢を提示してまいりたい…。

 

医療従事者の皆様でしたら

個別にご相談に乗らせて頂きます。

お気軽にどうぞ!

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

  

<医師の人生設計にプラスになる情報サイトです!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師が情報収集する際のIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントブログ

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ