医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

医師が転職する際に紹介会社は必要なのか?

 

皆さん、こんにちは。

 

医師の転職、開業をご支援しながら、

個々のより良いキャリアをサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180329124608j:plain

 

同じ業界でも経営方針やビジョンは千差万別であり、

それによって現場で働く人間達の仕事の進め方や考え方は

随分と違うものになりますよね。

 

私ども、医師や看護師向けの人材紹介会社にも

いろ~んな会社がありますし、

開業支援をする会社も同様であります。

 

正直、私から見ても

この会社はマズイでしょう~なんて所も存在しますが、

まあ人の事はさて置き

自分の事を常に見直し続けていく事が大事ですね。

  

私どもは相談に力を入れています。

カッコ良く言うとカウンセリングです(笑)。

 

つまり転職をするかどうかも含めて、

開業をすべきかどうかも含めて、

将来についてどうしようかな?と

お悩みを持った段階で<相談>をして頂き、

様々な環境の変化にも対応しながら

末永いお付き合いをしつつ

転職や開業を成功に導きます。

 

ビジネスマンにとっては

人材紹介会社を活用した転職は

かなり一般的になってきていますが、

医師にとって人材紹介会社を利用することは、

まだまだごく限られたごく一部の方しか

浸透していないのではないかと思います。

 

開業も様々な業者が

本当にいろんな形でサービス提供をしていますので、

どこにお願いするかは難しいですよね。

 

今まで私がお会いした先生方の中にも、

過去1度だけ人材紹介会社の方とお話しした事があるが、

ある病院に行け行け!とうるさく言われて幻滅したとか、

コンサルタント自身が経験不足、知識不足で

何でこんな人の世話にならなきゃいけないのかとゲンナリしたとか、

個人情報の取扱に不安があり信頼が置けなかったとか、

いろんなお話しを聞いた事があります。

 

現段階では医師が転職をする際に

人材紹介会社を利用しなければならない理由は

ハッキリ言ってありません。

 

開業も同様で絶対にコンサルに

依頼しなければならないものでもありません。

 

医局の先輩、同僚やご人脈の中で

充分に転職は実現可能だと思いますし、

付き合いのある業者を上手く使えば

開業するだけなら充分にできます。

 

そんな現状の中で人材紹介会社を利用するメリットは、

多数の求人の中から選びたいとか、

とても忙しいので求人を探したり

応募書類を作ったりする暇がないとか、

初めての転職なので要領がわからないとか、

希望条件が特殊なので該当する求人が少ないとか、

自分の医師としての人生をどう歩むべきか悩んでいるなど、

そういうケースの場合ではないかと思います。

 

開業コンサルを利用するのも同じようなものですね。

ただ開業するだけでなく、成功したいとか、

スタートダッシュを一気に切りたいとか、です。

 

私は個人的に医療を守る為にも

これからは人材紹介会社を活用した転職が

増えた方がいいのではないかと考えていますが、

その為には人材紹介会社側のレベルアップが不可欠です。

 

現状のままでは到底無理ですし、

まだまだ淘汰されるべき会社もあります。

 

医師が1人転職するという事は、

極端な事を言えば地域医療に影響を与えますし、

その病院の戦略や将来像にも影響はありますし、

国家としての医療政策にも影響があるとも言えます。

開業も一緒です。

 

まあ現実的に

そこまでを常に考える必要まではないかと思いますが、

常に頭の片隅には置いておかねば

コンサルタントして失格ではないかと考えています。

 

また医師側の立場に立つと、

自身の理想とする医療はどういうものなのか?

どういう医療機関でどういう働き方をするのが

自分にとって最も良い形なのか?

自身の待遇は世間並みなのか?

もっと貰って良いのではないか?

大学院に行ったり専門医を取得したりという事は必要なのか?

専門性を突き詰めるのか?

家庭医のような存在を目指すのか?

仕事とプライベートのバランスをどう考えるべきなのか?

医療者としての公共性と個人の思いをどのレベルで両立すべきなのか?

家庭を大切にしながらも医療人として活躍する為には

どんな働き方をすればいいのか?

常勤で働くだけでなく、

非常勤で働きながら

自身の本当にやりたい事をするという事は可能なのか?

などなどいろんな事が考えられます。

 

そんな中、人材紹介会社に登録したら

希望条件を聞かれて

次から次へと求人を案内されても

判断に迷うのが普通です…。

 

開業を検討している時に、

事業プランが固まる前に

物件ばかり紹介されても戸惑うのも同じですね。

 

だからこそしっかりとしたビジョンと

冷静な自己分析をしながら

本当に自分に合う生き方を探すべきだと思います。

 

ととなると…、やっぱり時間が必要です。

何度か打合せをした方が良いと思うんです。

 

人ってその時の状況によって

考えている事が変わってきますし、

優先順位も入れ替わります。

 

だからこそ<相談>という部分が大切だと思い、

そこに注力している訳です。

 

実際に、後期研修医の先生が

数年後の事を考えご相談に訪れていますし、

もしかしたらいずれ転職をするかもしれないという中堅医師や

まだまだ若手に負けじと自らの可能性を模索するベテラン医師や

どの選択肢を取るべきかに悩む若手医師なども

ご相談に来て頂いております。

 

ご相談の上で、ビジョンや方向性、

そしてプライベート面の充実も念頭に入れながら、

最適な提案をしながら全面的にサポートしていきたい…

と私は常々考えております。

 

自分の事は自分ではなかなかわからない…。

そういうもんだと思います。

 

では相談した後どうなるか?

自分の道が明確になった為に

転職活動を開始する方もいますが、

むしろ相談した事を出発点に自分自身で再度考えて頂いたり、

今の職場の価値に気が付いて

日々の仕事にモチベーションを高くして取り組めるようになったり、

来たるべき時に備えて

自分に必要な勉強をするようになったりと

いろんな展開、いろんな未来が拓けているようです。

 

もちろんこれだ!というものを見つけて

転職や開業に一直線に進む方も多いですけどね。

 

でもビジョンが明らかになったのですから、

それは良い事なのだと思います。

 

時々、「ご相談はおいくらですか?」という質問も受けますが

すべて無料で行っています。

 

今のところはですが…。

 

どうぞ遠慮なくご相談下さい。

 

私どもの発展は

医師がより満足できる環境で仕事ができるようになること、

そして日本の医療が健全な形で運営されること、

そういった事と切っても切れないと考えています。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

   

<キャリア志向を持つドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報収集お役立ちIBIKENサイト

医師の転職・開業ブログサイト

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ