医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

5年、10年先という中長期的なプランを一緒に考えましょう!

 

皆さん、こんにちは。

 

医師の転職には

ビジョン、準備、計画が欠かせないと考えている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180223095012j:plain

 

転職とは実に難しいものです。

すでに15年以上、

この転職をお手伝いする仕事をしてきて、

自分自身も採用する側の経験も積み重ねて、

何件もの面接、そして合否に立ち会ってきましたが、

それでもやっぱり難しいなあとしみじみ思うのですね。

 

今まで何百人どころか、

何千人という方に転職のアドバイスをしてきました。

 

幸い上手くやってこれたほうなんだと思います。

 

特にトラブルもありませんし、

クレームも過去片手で間に合うくらいしかありません。

 

むしろご紹介先から感謝をいただき、

求職者にもお礼を言われる事の方が多かったんです。

 

それでも転職を甘く考えてはいけないと思ってます。

 

私は安易な転職は反対なのです。

いわゆる隣の芝生が青く見えてしまうような転職は

後々後悔する事の方が多いとも考えています。

 

いつも私が求職者の方に対して行うアドバイスは、

「5年、10年後を考えましょう!」です。

 

これは転職をすべきか、

このまま踏みとどまるかという段階での悩みでも、

内定をいくつか貰い

どこにお世話になるかの決断の場面でも同様です。

 

社会情勢は不透明ですし、

時代の移り変わりは

年々速度を増しているように思います。

 

そんな状況だからこそ、

常に自分の5年後、10年後を模索しておかないと

時代の波に翻弄されてしまうのではないでしょうか。

 

日進月歩に進化する医療技術。

毎年のように変わる医療制度。

患者の医療に期待する内容など

医療の世界も変化の連続ですよね…。

 

5年先、10年先という中長期的なプランを

真剣に考えた上で決断を下しても

想定外の出来事により

プランが崩れる事だってあると思うんです。

 

でもプランを変えざるを得ない場面でも

真剣に考えた、

悩んだ事は全く無駄にはならなくて、

方向性が明確であれば

次のプランも描きやすいですし、

軌道修正もしやすいです。

 

今、自分が転職をしたい

衝動に駆られているのはなぜなんだろう?

 

この先5年後、10年後に何をしたいんだろう?

 

どういうポジションで、どういう業務を担当し、

どんな日常生活を送るようになりたいんだろう?

 

こういった事を突き詰めて考えていく必要があって

これこそがキャリアプランですし、

その延長上に人生設計もあるんだと思います。

 

こういった思考の際には

第3者の視点が必要になる訳で、

その第3者は家族も含まれますし、

信頼できる先輩や同僚の場合もあるでしょうし、

医師の場合であれば

オーベンや恩師である場合もありますね。

 

もうひとつが専門家、プロです。

私どものような転職シーンに精通した

コンサルタントも選択肢にはあると思います。

 

真っ先にコンサルタントに相談すべきだなんて

図々しい事は言いません。

ついでに大手紹介会社に本物のプロは

ごくごく少数しか在籍していません。

 

あくまでも転職支援のプロはプラスアルファであり、

視野を広げる為の手助けであったり、

冷静さを失わない為の相談相手であったり、

転職マーケットの情報収集に必要だったり、

転職のノウハウや事例を教えてもらったり…

というのが正解です。

 

だから不要な方は不要なんです(泣)。

 

しかし医師からは、

当初の予定とは全然違う業務を担当しているとか、

処遇、待遇、条件が事前に聞いていた内容と違うとか、

同僚の医師が退職して

業務量が飛躍的に増えて激務になっている…

などといったお話しを伺う事は少なくありません。

 

これを防止する為に

採用側の医療機関

求職者側のドクター、ナースとの間に入って

交渉する存在が必要な事もあるでしょう。

 

事実、あの時に小野さんと出会ってれば

こんな事にならなかったのにな…という

残念がる先生もいらっしゃるんです。

 

何度も言いますが私は安易な転職には反対です。

しっかりとしたビジョンを持って、

それを叶える為の

5年後、10年後の中長期的なプランを思い描いて

動かねばならないと考えます。

 

だからこそ時には今は動くべき時期ではないとか、

その転職は○○を失う可能性があるとか、

率直なアドバイスもさせて頂く事もあります。

 

少なくともそれは転職を

冷静かつ真剣に考えているからできる

厳しくも優しいアドバイスだと思いますし、

プロフェッショナルとして譲れない一線でもあります。

 

医師が残酷な事実を患者に伝えねばならない時に、

医師としての責任とプライドを持って

断固たる思いでお話しするでしょう。

 

ある意味ではそれと似たような心境です。

そのドクターの5年後、10年後の為に、

動くべき時は迅速に動き、

動くべき時ではない時は梃子でも動かない。

 

風林火山のように

医師の為も思って仕事をしたいと考えてます。

 

未来を見通せる人はいません。

だからこそ見通したいと願うものですよね。

 

願いは叶うものばかりではありませんが、

叶えたいと思えば思う程

考える、悩むという行為が生まれ、

叶う方向に近づいていくと思います。

 

この考える、悩む際に

いかにして第3者の意見を組み入れ

自分を大きくしていく事が

転職を成功させる為の1つの要因です。

 

意外と転職活動って

自分を成長させるきっかけになるんですよ。

 

もし私で良ければ5年後、10年後を

一緒にディスカッションしましょう。

多くの事例、ノウハウ、情報をご提供いたします。

 

それでは、また…。

 

 

<キャリア志向を持つドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報収集お役立ちIBIKENサイト

医師の転職・開業ブログサイト

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

転職・開業のお問合せ・ご相談はここをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ