医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

担当のコンサルタントがコロコロ変わってしまう紹介会社…。

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリアをご支援するから

スペシャリストを支えるゼネラリストでいたい

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180220185122j:plain

 

当ブログをお読み頂いている先生方はご存知の通り、

医療系の人材紹介会社は様々な問題を抱えています。

 

求人を依頼する医療機関

求職者である医師の皆様のお役に立つ為には

これからも劇的な改革をせねばならんでしょう…。

 

まずすべきなのはコンサルタントの問題、

つまり社員の問題があるんです。

 

良くも悪くも大手紹介会社は効率を図り、

システム化に取り組んでいます。

 

その上でコンサルタントをKPIで管理し、

業績を上げる事のできない人には

かなり厳しい姿勢で挑みます。

 

その結果、離職率の高い業界になってるのです。

 

人様の転職支援をする紹介会社の社員が定着しないという

実に笑えない事態になっているのですね。

 

社員側にも問題はありますが、

それよりも経営者の問題が大きいです。

 

こないだある医療機関の経営陣で

採用を担当している方とお話ししていた時の事です。

 

ある会社のコンサルタントが退職するとの事で

挨拶に来たそうなのです。

 

そのコンサルタントはまだ若く、

非常に真面目で、一生懸命、

ただあまり使える人間ではなかったらしい…。

しかし人柄は良かったので仲良くしていたらしいです。

 

退職理由について尋ねると

そのコンサルタントもかなり悩んでいたとの事。

 

今の会社の手法に我慢ならず、

マニュアル重視で自由度がない。

 

医師の希望は添えないし、

医療機関からのクレームが入り、

かなり辛そうだったそうです。

 

私は同業の会社でもおかしいと思う事は

断固として認めませんし、

批判もしますし、問題提起をします。

 

コンサルタントに対しても

不勉強でモチベーションが低く、

何より必死に取り組んでいないような輩は

一刀両断します。

 

ところが中には一生懸命で、

モチベーションも高くて、

日々勉強しているコンサルタントだって

少ないながら存在しているんです。

 

ただその会社のシステムでは

やりたい事はできない。

医師や医療機関のお役に立とうとすればするほど、

社内の理不尽さが目に付き、

内部で戦わねばならない。

 

でも何も変わらず…

結局退職せざるを得なくなる…。

ホント残念です。

 

だいたいが人材紹介業のコンサルタントになる人は、

根っから人が好きで、

人のお役に立ちたくて、

それを自らの使命としている方が多いです。

 

しかしそういったピュアな心では

続けていけない会社がある…。

 

悪徳とまでは言いませんが、

人のお役に立つよりも

社内事情、社内の営業方針を優先しなければならんのです。 

 

ですからもし担当のコンサルタントが退職した時は

その会社自体との付き合いを考えた方がいいです。

 

もちろん問題は複合的ですから

すべてとは言いません。

 

ただ人様のお役に立ちたいと心から願っている人間は

普通はなかなか辞めないんです。

よっぽどの事なんです…。

 

事業は人なり。

 

すべからく経営者は

ここを出発点とすべきだと思うんですね。

医療業界も、人材紹介業界もそうでしょう。

他の業界だって一緒です。

 

最近の経営者は収益以外の目的を持たず、

人を人と思わない発言も多いですですからね…。

 

きれい事の話しではなく、心底考えている事。

そこが問われているのではないでしょうか?

 

「企業において利益は目的ではなく条件である。」

 

はき違えてはいけませんね。

私も精進します。

 

それでは、また…。

 

 

<キャリア志向を持つドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報収集お役立ちIBIKENサイト

医師の転職・開業ブログサイト

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

転職・開業のお問合せ・ご相談はここをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ