医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

転職とはギャップに向き合うことだと考える医師…。

 

皆さん、こんにちは。

 

医師が転職をご検討し始めた際には

事前準備、計画の段階でご相談をして頂きたい

ジーネットの小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180219170952j:plain

 

転職とは〇〇である…。

 

よく使われるフレーズですし、

〇〇にはいろ~んな言葉を入れる事ができますよね。

 

私のように転職シーンに関わる仕事を

10年以上している人間であれば、

10や20くらいはすぐに思い付きます。

 

思い付きはしますが、

そのすべてが正解かどうかは何とも言えません。

 

だって転職というものは

個人ベースのものですから

個々の事情や背景によって

正解の形は全然違うんですよね。

 

マクロで、一般論で語ると間違ってしまう

パーソナルなものだという事なのでしょう。

 

私たちの生きる現代社会は

とても変化が激しいですよね。

昨年の常識は今年は非常識になる事すらあり得ます。

 

こういう時代ですから

ご自身の職業人生において

転職を選択肢の中から外すというのは、

そのままリスクともなりかねません。

 

あくまでも選択肢のひとつとして

頭の片隅には入れておくべきと思うのですね。

 

結果的に転職しなかったでもいいんです。

ただ選択肢のひとつに入れておく事で

人生設計や、キャリアプランを考えるようになり、

実はこれが大きいんです。

 

いざ転職という時には

過去の自分と向き合う事、

つまり棚卸が不可欠ですし、

その上で今後の人生をどう作り上げていくのかを

真剣に考えねばならないと思います。

 

こういう時にこそ

転職とは〇〇…の〇〇について

ご自分なりに考えるべきなのでしょう。

 

で、今回のタイトルですが

「転職とはギャップに向き合うこと」にしました。

 

過去の棚卸しと人生設計をする際に

知っておいた方が良い必要な考え方だと思います。

 

このギャップとは

大別すると2つあります。

 

まずは自分のできる事とやりたい事のギャップです。

 

これは誰しもが直面すると思われますが、

できる事=スキル、

やりたい事=夢、目標、

両者はギャップがあるのが普通です。

 

できる事しかしない人生じゃ寂しいです。

やりたい事ばかりやろうとする人生じゃ

時には現実離れしてしまうかもしれません。

リスクを許容できるうちはいいですが、

大きな痛手を蒙るのは避けたいですね…。

 

このギャップをいかにして埋めるか?

それぞれのバランスをどのように取るか?

 

これは転職を検討する際には

必要不可欠な考えるべきポイントです。

 

冷静さと客観性を持ち、

自分らしい立ち位置を決めたいですね。

 

こういったバランスや立ち位置を決めるには

客観性が必要となってまいりますので、

私どものような転職エージェントの腕の見せ所となります。

 

逆に言うとこれが不得手なコンサルタント

この職業に向いていないと言って良いでしょう。

 

そしてもうひとつのギャップが、

自分のスキルと社会や組織が必要とするスキルのギャップです。

 

いわゆる市場価値というものなのですが、

これは需要と供給のバランスとも言えますね。

そして多くの人が自分自身を過大評価しているようです。

 

特に自分に自信を持っている方は過大評価ですね…。

その事自体は悪い事ではないのですが、

条件面での交渉時などで揉めるのは宜しくありません。

 

自信過剰な自分を社会や組織が受け入れてくれないのであれば、

市場価値はゼロになってしまいますから

やはり謙虚さも必要でしょう。

いえ意外と謙虚な方の方が高条件を勝ち取ったりもしますね。

 

裏を返せばこのギャップが埋まる転職こそが

良い転職と言えるのでしょう。

 

つまり自分の実力に合った市場価値を冷静に把握し、

実力を発揮できる組織に転職したという事ですからね~。

 

しかしこのギャップを埋めるという作業は

時に自分自身のスキル不足を

自分で認めるという事でもありますので、

結構キツイ事でもあります。

 

でもこれをしないと

いつまで経っても望む条件で採用されないとなりかねませんし、

世の中に向かって自分の価値を理解できないのか!と叫んでも

意味がありませんよね。

 

自分を客観視するという事は、

嫌でもした方が良い作業です。

 

このギャップに向き合う機会というのは

実は意外と少ないんですよね…。

 

だからこそ人生の転機である転職シーンでは

しっかりと考えた方が自分の為です。

 

問題はこういう大事な事を考えず転職活動を行い、

転職後にようやくギャップに気付くという場合です。

これではちょっと遅いです…。

 

そろそろ転職でも考えようか…という時に

是非このギャップに向き合う事をおススメします。

 

ただこのギャップに向き合う為には

転職マーケットの情報が必要なんです。

 

この情報を持っている人間と一緒にギャップを考えないと

なかなか建設的な話しになりませんし、

適切な方針やビジョンが見えてきません。

 

だからこそ有能なエージェントとタッグを組む事、

早めに相談をする事が重要になってきます。

 

是非この2つのギャップを頭の片隅に入れておいて

いかにギャップに気付き、どう埋めるか。

  

この作業が早ければ早いほど

自らが有利になりますからね。

 

ギャップがあるのは当然です。

戦略的にギャップを埋めるのが

プロの転職エージェントの仕事です。

 

悲しいかな…プロは少ないのですが…。

会社ばかり大きくて実力ないコンサルタントが多いんです…。

  

それでは、また…。

 

 

<キャリア意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師の情報収集のためのIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントのブログサイト

医師の求人/開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例集サイト

ジーネット公式 follow me twitter

ジーネット公式 facebookページ

 

転職・開業のお問合せはこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ