医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

医師はキャリアプランをどう考えると良いのか?

 

皆さん、こんにちは。

 

医師の働き方改革を

個人個人に向けてお手伝いする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

f:id:ka162701:20180202143816j:plain

 

私たちは「自分」が大切です。

 

ここ数年、自己責任が叫ばれた背景には、

個人に自由度を与えるとともに

社会的なセーフティネットへの依存度を下げて

あまりにも増大し過ぎた社会保障費を削減する為の、

自分の事は自分でしなさいという

アナウンスであったように思います。

 

その結果として、

多くの人が心の余裕を失い

他人を出し抜いてでも自分が得をする事ばかり考えて、

相互扶助なんて忘れて、自分中心主義に陥っていますね。

 

ただ仕事というのは

本質的に「誰か」の為に行うものであり、

自分の狭い世界だけで完結するものではありません。

 

大組織であれば

自分という個人は自然と薄まりますが、

組織の中の自己実現は難しくなるでしょう。

 

自分と組織で矛盾があり、

迷い道にはまり込んでしまっている人が

少なくないように思います。

 

働くって何だろう?

仕事って何の為にするんだろう?

 

こういう根本的な大原則について

私たちはもう1度考えてみる必要があるように思えます。

 

さて、私たちが提唱しているキャリアプラン

キャリアパス、キャリアビジョン、

キャリアデザインを考えましょうという事ですが、

これは自分自身の働くと観念や

仕事に対する定義付けが重要になってきます。

 

まずは自分自身と対話をする事。

 

同時にマーケットリサーチや

労働環境の変化についても情報収集し、

自分の希望を実現できるのかどうかを

冷静かつ客観的に考えて組み立てねばなりません。

 

今日はこの労働環境の変化について考えます。

 

戦後日本では、

人口増加や右肩上がりの経済成長を背景に

年功序列、終身雇用、企業別組合といった

日本的経営の独自性が上手く回り、

国家全体が急成長しました。

 

その裏には官僚統制、官民協調、業界団体内調整、

株式持ち合い、メインバンク制など

いわゆる護送船団方式が下支えした部分も大きかったですね。

 

経済成長を背景に社会保障制度も充実してきて

安定した生活や老後の保証も手に入れる事ができ、

不安のない暮らしができるようになったのですね。

 

ところが世界経済の成長鈍化により、

年功序列や終身雇用制は崩壊、

それどころか非正規雇用が増えて

労働組合は力を失い、

護送船団方式はビッグバンの中で雲散霧消…。

 

経済が右肩下がりになるとともに

社会は余裕を失い、

リスクは個人に押し付け

自己責任を錦の御旗にして

弱肉強食のサバイバルが進み、

私たちの暮らしは実に不安定化しました。

 

その結果として模範的な先輩を失い、

自分の人生は自分で再設計せざるを得なくなり、

主体的な個として存在する事を強要され

選択の自由と引き換えに

生きるリスクを自ら背負うようになった訳です。

 

こんな世知辛い世の中ですから、

地域社会や伝統的な家族関係は解体されつつあり

自らの存在価値を確かめる場は共同体から消え去り、

アイデンティティを見失う人も増えています。

 

その上、資本主義社会の宿命として、

グローバリズムという掛け声とともに

市場は世界中に拡大し続けて、

ヒト、モノ、カネ、情報が縦横無尽に行き来し、

IT化の波がさらに拍車を掛けています。

 

産業構造が製造業からサービス業に転換するとともに

顧客の要求の高度化が高まり、

サービス提供者は高品質、即時性が求められて、

私たちは24時間仕事に振り回されるようになり

働くプレッシャーはとてもキツイものとなりました。

 

こんな時代の中で

私たちは自らのキャリアプラン

どう描けば良いのでしょうか?

 

この問いに対する答えは

大多数の方が同じではなく、

個々の志向性や思想、置かれた環境によって異なり、

誰もが納得するような答えなど

現代社会にはないと思うのです。

 

個人化が進み、

数学や物理のような絶対的な答え、

昔のようなみんなが納得するモデルが

すでに存在しなくなっていますからね…。

 

私はキャリアプランに必要な考え方として、

変えられるものと、変えられないものを把握して、

変えられるものを着実に変える事、

そして変えられないものを

変える事のできる自分になる為に自らが変わる事、

これが重要と考えています。

 

よく言われる事ですが、

変えられるものは自分であり、

未来であり、思考であり、行動です。

 

変えられないものは、

他人であり、過去であり、

感情であり、生理的反応です。

 

自分は何を変えたいのか?

何は変わらなくてもいいのか?

ここがスタートですね…。

ここからキャリアプラン構築は始まります。

 

それでは、また…。

 

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット公式コーポレートサイト

医師の情報収集のためのIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例集

医師向け follow me twitter 

医師向け facebookページ

 

医師からのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ