医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

医師からの「良い〇〇があったら紹介してね…」についての考察!

 

皆さん、こんにちは。

 

医師のキャリアを考える

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私が医師の転職や開業に関わる仕事をしているからか、

良い病院があったら紹介してね…とか

良い開業物件があったら教えてね…とか、

良い継承案件が出てきたら情報ちょうだい…とか、

こういう事って良く言われるのです。

 

これは仕事柄、致し方ない事なんですけど、

実は言われる度にスゴく考えさせられます。

 

良い病院って何だろう?

良い開業物件ってどういうものだろう?

良い継承案件ってどんなものだろう?

 

患者側の視点に立てば、

規模が大きいとか、

医師、看護師の在籍数が多いとか、

医療機器が充実しているとか、

地域の他医療機関との連携が取れているとか、

診療までの待ち時間が短いとか、

アクセスが良いとか、

院内がきれいで調度品などもオシャレだとか、

知名度の高い病院であるとか、

友人、知人の評判が良いとか、

著名な医師が在籍しているとか、

診療科目が多いとか、

インフォームドコンセントがしっかりなされているとか、

受付の感じがいいとか、

まあいろいろと思いつきます。

 

ではそこで働く医師の立場に立った時には

どうでしょうか?

 

給与が高い病院?

休みがしっかり取れる病院?

症例経験が積める病院?

労働条件が良い病院?

雇用環境が整っている病院?

派閥のない病院?

最新の医療機器がある病院?

患者の多い病院?

尊敬できる上司、先輩のいる病院?

通勤しやすい病院?

医療従事者に評判の良い病院?

手術件数の多い病院?

教育体制の整っている病院?

スタッフ数が充実している病院?

診療に専念できる体制が整備されている病院?

ネームバリューの高い病院?

医療者を守る体制がある病院?

 

集患が見込める開業物件?

立地条件が抜群に良い開業物件?

オシャレな街の開業物件?

視認性の高い開業物件?

クリニックのコンセプトに合う開業物件?

乗降客数の多い駅前の開業物件?

他科目が入居する医療モールの開業物件?

大きなビルのテナント開業物件?

交通量の多いロードサイドの戸建て開業物件?

昼間人口の多い街の開業物件?

 

診療科目が同じ継承案件?

患者が多く流行っていた医院の承継案件?

院長が引継ぎをしてくれる継承案件?

価格が安い継承案件?

地域になくてはならない継承案件?

 

いろいろあると思います。

まだまだ思い付く事ができるとも思います。

 

しかしすべてが整っている病院、物件、案件なんて

おそらく存在しないと思うんですね。

 

逆にすべてが整っていないものも

おそらく存在しないでしょう。

 

であれば、個々がそれぞれの優先順位を付けて

それを「選ぶ」という事になる訳です。

 

つまり案件の良し悪しとは、

個々それぞれによって異なってくるのですね。

 

選ぶ側の問題なんです。

 

だから私は今ある求人や物件の中から選ぶ事が

間違いだと考えております。

 

条件に左右され、

本当に自分の望む世界を見つける事が

できないままに新しい職場を決めるのは

危険ですらあると思ってます。

 

まずは自分自身の内側と会話を積み重ねて、

自分なりの良い病院や物件をきちんと定義して、

その定義に合った病院、物件を探す…。

 

これが正しい「選び方」だと思うのです。

 

良い病院、物件の定義は個々それぞれ違うはずですから…。

 

f:id:ka162701:20171128140031j:plain

 

A先生にとっての良いと

B先生にとっての良いは

異なる事が多いと思います。

 

もっと言えば同じA先生でも、

30歳の時のA先生と、40歳になったA先生、

50歳のA先生、60歳のA先生、

結婚前と結婚後のA先生、

お子さんが生まれる前と生まれた後のA先生、

自宅を購入する前と後のA先生、

医師として自信が持てる前と後のA先生。

 

きっと常に同じような病院、物件を

求める訳ではないと思うんです。

 

良い病院、物件の定義。

きっと答えは自分の内側にあるんでしょうね。

 

だからこそ私どもは医師、看護師に寄り添い、

並走する事を経営理念に謳っており、

共に過去を棚卸し、

キャリアプラン、ライフプランを考え、

その方に相応しい未来を一緒に見つける作業の

お手伝いをしています。

 

本気で転職支援、開業支援をしようと思えば、

オーダーメードでしかできないんです。

 

求人ありきで、

物件ありきで、

いくつかの求人や物件の中から選んでもらうような

安易なスタイルは今後衰退していくと思います。

 

なぜなら求職者である医師、看護師、

求人側である医療機関

いずれにとっても価値が低いですし、

開業だって物件選びの前にすべき事がありますからね。

 

それでは、また…。

  

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット(株)コーポレートサイト

医師が情報収集する為のIBIKENサイト

医師の求人/開業・継承物件サイト  ルナーヴァ

医師の転職・開業 <失敗事例>まとめサイト

ジーネット公式twitter

医師の転職・開業facebookページ

 

転職や開業について相談したいドクターはこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ