医師人生を支えるゼネラリスト   ジーネット株式会社のブログ

医師にとって有益な情報を提供いたします。

年収が2500万円以上の医師の人生を考えてみる…!?

 

皆様、こんにちは。

 

医師の転職・開業コンサルタント

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

今回は高年収の医師について考えてみました。

 

f:id:ka162701:20171102163432j:plain

 

医師の平均年収は1477万円と言われております。

 

この数字だけを見れば、

多くの方が医者は稼いでいる…という感想を

持つのかもしれませんが、

医師になるまでのプロセス、

また医師になってからのハードワークを知れば

決して高いとは言えないかもしれません。

 

また開業医と勤務医では事情が違いますし、

1477万円で満足かどうかは

きっと個々の医師によって全く異なるのでしょう。

 

そんな中、勤務医が高額年収と思う水準は

2000万円というデータを何かで見掛けました。

 

確かに私が過去転職サポートしてきた先生方でも

2000万円を超える年収の方は

それほど多くありませんし

でも不可能ではないという感じですので

何となく信憑性はあります。

 

では2500万円以上の年収はどうでしょうか?

実は私自身もこのラインになると

過去サポートした事例は片手の指で足りてしまいます。

決して多いとは言えないでしょう。

 

さすがにこの水準の年収には、

確実に「理由」があります。

 

平たく言えば社会的なニーズが大きい領域においては

可能性があるという事ですが、

例えば、

 

・自費率が高い → クレームの入る可能性。

 

・院長職である → 責任が重い。

 

・ハードワークである → 想定以上の業務量。

 

など、じっくりと検討せねばならない

事情が隠れたりもしています。

 

実はこの点はもっと多様で、

さらに深い事情があるケースも多いのですが、

ここでは割愛します。

 

やはりなぜ高待遇なのかは事前にチェックして、

本当の所を把握した上でないと

リスクを負う事になってしまうと思います。

 

また好条件の非常勤の勤務を上手く組み合わせたり、

へき地や離島、地方の高待遇なお仕事を引き受ければ

2500万円を超えるケースはあり得ますが、

本当に先生にとって幸せなのかは

人によって異なると思うのです。

 

きれいなバラには棘がある…ではないですが、

やはりあまりにもな好条件には裏があるのが普通です。

慎重なリサーチと決断が必要と思います。

 

 

お金って怖いですね。

 

500万よりは800万。

800万よりは1000万。

1000万よりは1500万。

1500万よりは2000万…。

2000万よりは2500万…。

いや3000万、5000万…。

終わりがありません。

 

そりゃ誰しもが今よりも高待遇で迎えてくれるなら

嬉しいのでしょうけど、

そこには限度というものもありますし、

幸せはお金だけではありませんからね。

 

ライフプラン…。

ご家族の生活設計を考えた上で

相応しい水準を手に入れる。

それが1番宜しいかと思います。

 

無理は努力の偽物ですし、

多額の給与と引き換えに失うものがあるのは

望ましくないケースもありますからね。

 

人生において大事なものは何か?

きっとその都度、変わるものだと思いますし、

冷静に現状を分析して、

今は何が大事なのかを明確にして、

それに合った選択をしないといけませんね…。

 

それでは、また…。

 

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ